情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Googleアプリ】Chromeでページが開いてしまう・「アプリ内でウェブページを開く」を有効にできない問題発生が急増中

Android-Chrome (23) Chrome (206) Google (141)

2022年1月5日頃より、Android版の「Google」アプリで検索するなどしてウェブサイトを開こうとした際、突然Chromeなどの別のブラウザで開くようになってしまい、Googleアプリ内のブラウザでページを開かなくなってしまった、との報告が急増しています。

また、この動作を元に戻そうと、関連する設定である「アプリ内でウェブページを開く(Open web pages in the app)」を利用しようとしても設定を「無効」から「有効」に変更できず、無効から有効に変更できません。

この問題の発生について紹介します。

Googleアプリ内ではなくChromeでページが開く

Googleアプリでウェブページを開こうとした際、今まではGoogleアプリ内の内蔵ブラウザでページが開いていたものの、突然2022年1月5日頃以降、Google Chromeブラウザなどの別のブラウザアプリでページを開こうとするようになってしまった、との報告が急増しています。

設定を変更できない

この「Googleアプリ内で開くか、別のブラウザアプリ(Chromeなど)で開くか」を制御する設定がGoogleアプリには以前から用意されています。

それは、Googleアプリ内のプロフィールアイコンから「設定」を開き、さらに「一般」ページを開いたところにある「アプリ内でウェブページを開く(Open web pages in the app)」という設定項目です。

これが従来であれば「有効」になっていたはずが確認してみると「無効」になっており、また、設定項目の切り替えスイッチがグレーアウト(操作しても変更できない)状態になってしまっており、有効化できない状態です。

この設定項目には変更できないことに関して、次のようなメッセージが表示されています。

このオプションを有効にするには Chrome を起動して設定してください

※英語設定では「Open and set up Chrome to enable this option」。

何らかの問題が発生か

現在、1月5日頃以降にChromeアプリをアップデートを行った一部のユーザーの間で突然この症状が発生するユーザーが急増していることから、Chromeアプリもしくは連携するGoogleアプリ側等で、何らかの不具合や仕様変更などがあり、その影響を受けているものと思われます。

現時点でこの症状を解消できる設定変更は見つかっていません。

そのため、慌ててAndroidアプリの初期化等の大がかりな対応を行おうとするのではなく、ひとまず今後修正アップデートが配信されるのを待ってから最新版へのアップデートを行う、もしくは、何らかの回避策が見つかる・案内されるのを待つようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿