情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS版Chromeがフリーズする不具合発生中(Chromeバージョン97アップデート後)

Chrome (209)

iPhoneで利用している「iOS版Chrome」を最新版(バージョン97)へのアップデート後に、Chromeアプリが「クラッシュするようになった」「フリーズする」「操作できなくなる」「強制終了して開き直したらタブが消えた」等の声が増えています。

このiOS版Chrome(iPhone版Chrome)で発生している問題について紹介します。

Chromeが固まる

本日2022年1月6日現在、最新版のiOS版Chrome(バージョン97.0.4692.72)へのアップデート後、Chromeが突然フリーズして動かなくなってしまい、何も操作できなくなる問題の発生するユーザーが増加しています。

何も操作できなくなってしまった際にアプリを強制終了するとタブがすべて閉じてしまい、次のメッセージが表示されてしまいます:

Chrome は正しく終了しませんでした。 [復元]

通常であればここで「復元」をタップして消えてしまったタブを戻したいところではあるのですが、この再起動後にもフリーズしてしまって復元ボタンをタップできず、タブが消えてしまう問題が発生しています。

また、それ以降も繰り返しフリーズしてしまい、iPhoneからChromeがまともに利用できない、というパターンが多く発生しています。

不具合発生中

現在、iOS版Chromeのアップデート後に同様の問題の発生が急増しており、iOS版Chromeの最新版において何らかの不具合が発生しているものと思われます。

特に「新しいタブ」のページを開いた(開いている)際にこのフリーズする問題の発生が引き起こされやすく、以前報告されていた次の不具合とも似ているのですが、こちらの不具合自体は解消済み(解消版が既に97に取り込まれている)であるため、新しいタブとその挙動に関連したまた別の似た不具合かと思われます。

対策について

この問題が繰り返し発生してしまいChromeアプリを全く開けなくなってしまった(最初に表示される新しいタブがすぐフリーズして何もできなくなってしまった)といった場合には、Chromeアプリを起動してすぐ、フリーズが発生してしまう前に新しいタブから別のページへ移動する(表示されるウェブページへのリンクを連打する等)ことでその状態を脱することができる場合があるため、試してみてください。

どうしても別のページに移動できずにフリーズと強制終了のループから脱出できなくなってしまった場合は、Chromeアプリの再インストールも検討してみてください。

根本的な問題の改善に関しては、Chromeアプリの修正アップデートを待ち、リリースされた際に最新版へのアップデートを行うようにしてみてください。

追記:修正アップデートがリリース

その後、1月11日、修正版アップデートのリリースがアナウンスされました(英語)。

An update is rolling out now that addresses the underlying cause, and should resolve the behavior.

引用元

症状が継続している場合は、最新版のiOS版Chromeアプリへのアップデートを行うようにしてみてください。

また、こちらは1月18日時点での情報ですが、その後再度同様の問題が発生した場合は、別の原因で類似の症状が発生したものと考えられます。そうした場合は、再び修正版アップデートを待つようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿