情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Windows 10】「Windowsの機能の有効化または無効化」に「Internet Explorer 11」がない場合について(見つからなくて有効化・無効化できない問題)

Internet Explorer 11 (4) Windows (478) Windows 10 (244)

Windows 10 PCでInternet Explorer 11を有効化・無効化する方法に、「Windowsの機能の有効化または無効化」で「Internet Explorer 11」を探してチェックを入れる・外す、という方法があります。

この方法自体はInternet Explorerを有効化/無効化する手順を調べると見つかるヘルプ等に記載されていたり、「以前にもこの方法でInternet Explorer 11を有効化・無効化したことがある」という場合もあったりする方法なのですが、「Windowsの機能の有効化または無効化」を開いてその中を探しても「Ineternet Explorer 11」が見つからない・見つけられなくなった・消えてしまった、と困ってしまう場合があります。

今回は、そういった場合に探すと「Ineternet Explorer 11」の設定が見つかるかもしれない別の場所を紹介します。

「Windowsの機能の有効化または無効化」で「Internet Explorer 11 (IE11) 」が見つからない

「Windowsの機能の有効化または無効化」を開く方法はいろいろあるのですが、「Windows」キーを押しながら「R」を押して「ファイル名を指定して実行」を開いてから、「名前」欄に「OptionalFeatures.exe」と入力して「OK」をクリックすることで直接開くことができます。

ここから、一度無効化していたInternet Explorer 11を再度有効化しよう、などと思った際に、あるはず、と思っていた「Internet Explorer 11」が見つからない場合があります。

「もう有効化できなくなってしまったのか」「完全に削除されてしまったのか」、などと思うかもしれません。

「オプション機能」を確認する

そうした場合は、「Windowsの機能の有効化または無効化」の代わりに、Windows 10の「設定」内の「アプリと機能」にある「オプション機能」内を探すことで、Ineternet Explorer 11の有効/無効化ができる設定を見つけられる(移動している)場合があります。

まず、画面左下の「スタートボタン(Windowsロゴのボタン)」を右クリックして、一番上の「アプリと機能」を開きます。

すると設定内の「アプリと機能」が開くので、「オプション機能」というリンクをクリックします。

現在有効な場合は「インストールされている機能」内、現在無効の場合は「機能の追加」をクリックして表示される「オプション機能を追加する」画面内で、「Internet Explorer 11」を探してみてください(いずれも画面内を検索できるので、「Internet Explorer」と入力して検索してみてください)。

参考(ヘルプ)

「Windows 10 で Internet Explorer を使用する」のヘルプページでは、次のように「Windows の機能の有効化または無効化」を利用する方法が案内されています。

デバイスにInternet Explorer と表示されない場合は、Internet Explorer を機能として追加する必要があります。 スタート >検索 の順に選択し、Windows の機能と入力します。 検索結果から Windows の機能の有効化または無効化を選択し、Internet Explorer 11の横にあるチェック ボックスが選択されていることを確認します。 OKを選択して、デバイスを再起動します。
引用元

一方、別のドキュメントでは、「オプション機能」を利用する方法が紹介されています。

[オプション機能] をクリックします。

引用元

コメント(0)

新しいコメントを投稿