情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS16ロック画面】日付の隣に文字を入力する方法(Top Widgetsアプリを利用する)

iOS 16 (45)

iPhoneのiOS16アップデートにて、ロック画面をカスタマイズできるようになりました。様々なカスタマイズができる中で、時計の上に表示される「日付」の右隣に好きな文字を入れるカスタマイズが話題となっています。

今回は日付の隣に文字を入れるカスタマイズを、人気アプリ「Top Widgets」を利用して行う方法を紹介します。

Top Widgetsアプリをインストールする

まず最初に、Top WidgetsアプリをApp Storeからインストールします。

「Bar」型のウィジェットを作成する

Top Widgetsアプリを起動したら、最初に特殊な宣伝画面が表示された場合には画面左上の「<」ボタンをタップした上で、「LockScreen」と書かれたボタンをタップします。

すると「LockScreen」タブが開くので、そのタブの中の一番下にある「Bar」という見出し内の「Edit custom content」をタップします。

そうしたら、「Editorial content」という見出しの下にグレーの入力欄(Input contentと書かれている)が表示されるので、その入力欄をタップして、表示したい文字を入力します(※入力した文字がどう表示されるかを確認したい場合は、画面右上の「Preview」ボタンをタップします)。

文字の編集が完了したら、「Save」ボタンをタップします。

ロック画面をカスタマイズする

そうしたらTop Widgetsアプリは閉じて良いので、ロック画面のカスタマイズ画面(編集画面)を開きます(※ロック画面のカスタマイズを行ったことがない場合はこちらを参考に、別のウィジェットを置く手順を参考に試してみてください)

そして、カスタマイズ画面の上部、時計の上に表示されている日付部分をタップします。

すると「ウィジェットを選択」画面が表示されるので、「Top Widgets」という見出しを探し、そこにある「Select Widget (InLine)」をタップします。

そうしたらそのまままだ「ウィジェットを選択」表示は閉じずに、そのまま日付部分に表示された「Select Widget」をタップします。

するとTop Widgetsの「InLine」ウィジェット(Barウィジェット)の選択画面が表示されるので、先ほど保存したウィジェット(Bar#1)をタップします。

設定完了

これで日付の隣に先ほど設定していた文字が表示されれば、設定完了です。

あとは「ウィジェットを選択」をバツボタンで閉じた上で、カスタマイズ内容を保存(画面右上の「追加」または「完了」ボタンをタップ)したら、設定が反映されます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿