情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Twitter】「アカウントは凍結されています」表示になっているアカウントが増加しているのは何かあったの?について

Twitter (582)

本日2023年2月3日0時30分過ぎ頃より、突如「アカウントは凍結されています」と表示されるアカウントが増加しています。

Twitterを見ている最中に「どうしてこのアカウントが凍結されているんだろう」と気になった場合の参考情報を紹介します。

「アカウントは凍結されています」表示

本日2023年2月3日0時30分頃より、突然次のような凍結中表示となるアカウントを見かけるケースが急増しています:

アカウントは凍結されています
Twitterでは、Twitterルールに違反しているアカウントを凍結しています。[詳細はこちら]

アカウントが凍結されています
Twitterでは、Twitterルールに違反しているアカウントを凍結しています。 [詳細はこちら]

「凍結された」報告が急増中

この凍結表示に関して2023年2月3日0時30分頃より、「凍結された」「本垢が凍結されてしまった」というユーザーが急増しており、現在凍結状態(アカウント停止状態)となってしまうユーザーが急増している模様で、凍結されているアカウントを見かけるケースが増加しているのはこの影響と思われます。

凍結されたアカウント側には以下のような表示が行われ、現在、異議申し立ての送信を行うユーザーが急増している状況です:

ご利用のアカウントは永久凍結されています

慎重に審査したところ、ご利用のアカウントはTwitterルールに違反していると判断しました。そのため、ご利用のアカウントは永続的に読み取り専用モードになっています。つまり、ツイート、リツイート、いいねすることができません。新しいアカウントも作成できません。何らかの手違いの場合は、異議申し立てを送信できます。

対応待ち

凍結されるアカウントが急増し、それに対する異議申し立てを行うアカウントが急増している状況であるため、「見たいアカウントのツイートが見れない」という場合には、凍結の解消を待つようにしてみてください。

また、メインのアカウントが凍結されてしまったものの、その件に関してサブアカウントを使用して、凍結や異議申し立ての状況に関して告知ツイートするユーザーが増加していることから、名前等でサブアカウントを検索できる場合があるため、そのサブアカウントを探し、それらの告知を確認するようにしてみてください。

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿