情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Ubuntu:LINEを使う方法

LINE (1014) Linux (23) Ubuntu (19)

ブラウザ版LINEが終了してからおよそ3年、 ついにChromeアプリという形式ではあるものの、LINEをブラウザ(Chrome)から使えるようになり、WindowsとMac以外のOS、すなわちLinuxからも利用できるようになりました

Windows 8.1 + VirtualBox 5.0.0 + Ubuntu 14.0.4 LTS + Chrome 44 + LINE 1.0.1です(UbuntuへのChromeのインストール方法はこちら)。

インストール

Ubuntu の Chrome (Chromiumではない)で、「Chrome版LINEアプリ」のページを開きます。

そして、「Chromeに追加」をクリックしてインストールします。

新しいアプリの確認

「LINE」を追加しますか?
次の権限にアクセス可能:
・アプリケーションで開いたファイルとフォルダに書き込む
・画面のコンテンツをキャプチャする

という権限確認の画面が出てくるので、「追加」をクリックします。

ubuntu-line-install-confirm-button

インストール完了

LINE を新しい Chrome アプリ ランチャーに追加しました

Chrome アプリ ランチャーを使用すると、お気に入りのアプリをデスクトップから直接起動できます。 パソコンで「Chrome アプリ ランチャー」を検索し、システムのランチャーやパネルに追加しておくと、アクセスするのに便利です。

と表示されたら、インストール完了です。

起動する

新規タブを開いて、「アプリ」ボタンからアプリ一覧(chrome://apps)を開いて、「LINE」をクリックして起動します。

ubuntu-line-install-first-display

LINEログイン

次に、メールアドレスとパスワードを入力して、「ログイン」ボタンをクリックします。

すると、「本人確認」という画面に4桁の数字が表示されます。

この状態で、スマホのLINEを開くと、

本人確認
PC版、iPad版LINE、またはその他LINEサービスのログイン画面に表示された認証番号を入力し、本人確認ボタンを押してください。
ログインをしない場合は、「バックボタン」を押してください。

認証番号を入力してください

[本人確認]

と表示されるので、先ほどUbuntu上で表示された4桁の数字を入力して「本人確認」をクリックします。

すると、ログインに成功します。

※このとき、スマホ側には次の確認メッセージが届きます。

CHROMEでLINEにログインしました。
ログイン中の端末: Chrome
心当りがない場合は下記のリンクからログアウトしてください。 line://nv/connectedDevices/

この作業の結果送られてくるものなので、自分が作業した時に届く分には問題がありません。誰かが勝手にこの作業をやって乗っ取ろうとしている時には、気をつける必要がありますが。

使ってみた感想

最初に開いたトークが「表示できないメッセージ形式です。 スマートフォンで確認してください!」連発だったのがだいぶマイナスな印象ですが、当然基本的なトークは利用可能なので、利用可能なプラットフォームが拡大したのはとても良いことだと思います。

その「表示できないメッセージ形式」は、グループのアルバムへの投稿メッセージでした。音声・ビデオ通話機能・タイムライン機能に非対応という話は聞いていましたが、だいぶ他にも対応していない機能が多そうです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、 月間1,000万PV を達成しました。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンに詳しくない人の行動や思考、 そしてそんな人を手助けする方法や枠組み。 また、それに関連するような、"身近な"セキュリティ。

    ※SNS(特にTwitter)でシェアされた記事は、内容の追加・更新を行っています。 必ず、ではありませんが、気に入った記事は積極的にシェアしてみてください。

    RSS | Facebook | Twitter | About