情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

WinShellで「Runtime Error!」が表示された場合の対策

LaTeX (24) Sublime Text (5) WinShell (11)

WinShellで、コンパイル時に「Runtime Error!」と表示されるようになり、コンパイルできなくなってしまいました。再起動でも直りません。この場合の対策と予防策を紹介します。

症状

コンパイル(latex実行やbibtex実行)時に、次のエラーが表示されます。

winshell-runtime-error

Microsoft Visual C++ Runtime Library

Program: C:\Program Files (x86)\WinShell\WinShell.exe

This application has requested the Runtime to terminate it in an unusual way.
Please contact the application's support team for more information.

これで「OK」をすると、最終的に次のメッセージが表示され、WinShellは応答が無くなってしまいます。

winshell-stopped

WinShell for LaTeX は動作を停止しました

問題が発生したため、プログラムが正しく動作しなくなりました。プログラムは閉じられ、解決策が有る場合はWindowsから通知されます。

原因

原因は、SublimeTextで編集したのをWinShellでコンパイルしたことだと思われます。

設定ではShift-JISを利用していましたが、基本的にUTF-8しか扱えないSublimeTextを使ってファイルを編集・保存したことが原因のようです(日本語がなく、英語だったので、文字化けせず気が付きませんでした)。また、WinShellで編集した場合は発生しませんでした。

対策

.texファイルの中身を一度別のテキストエディタにペーストして(もしくは開いて)、そこからもう一度WinShell上へ貼り付けて保存することで、見た目は全く変わりませんが、問題のない.texファイルになります。

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About