情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Twitterで話題の「Balloons」のアクセス方法と「作家さんを検索する方法(システム障害エラーの対策方法)」

Balloons (2) Twitter (271)

2018年2月18日現在、「Balloons」というポートフォリオサイトについて、「勝手に作家の情報や作品がまとめられている」「無断転載なのではないか」「許可を取っているとは思えない」「実はフィッシングサイトかもしれない」「Twitter連携ログインは危険」などといったことが、Twitterなどを中心に大きな話題となっています。

※現在Balloonsは「ファンが作るポートフォリオ」といったポリシーや、画像の掲載状況などから「悪質なサイト」と扱われがちですが、Balloonsに掲載されている内容の大部分を占めるTwitterに投稿された画像・コンテンツに関しては、Twitterの利用規約により許されている範囲・条件と実際のサービスの詳細を見比べる必要がありそうで、簡単にきっぱり「悪質な無断転載だ」と言い切るのは簡単ではないような気がしています(「この部分はTwitterの利用規約で認められうる範囲ではあるものの、この部分はその範囲外であったり、徹底されていない部分である」等)。Balloonsの掲載内容を確認し、その内容を嫌に感じた場合は、削除申請の方法や運営への問い合わせ方法を確認するとともに、Twitterの利用規約に含まれているコンテンツ利用に関する許諾内容の再確認をしてみることも必要かもしれません。今回はひとまず、Balloonsへアクセスして、自分のコンテンツ掲載状況を確認する、という入り口のところに絞って紹介します

この話題を見かけて、「Baloonsって、一体どんなサイトなのだろう」「自分の情報もまとめられているのではないか」「あの人の作品もまとめられているのだろうか」などと、「Balloons」にアクセスしようとしている人が増えていますが、その一方で「どこにあるのか見つけられない」というユーザーが多いようなので、まずはアクセスする方法を紹介します。

また、現在アクセス集中によりエラーがでてしまい、作家検索機能が使えない状況ですが、エラーが出ている現在でも、自分や作家さんがBalloonsに登録されているかどうかを調べる検索方法があるので、その手順および、具体的なポートフォリオページを表示する方法を紹介します。

Balloons

その現在話題になっているポートフォリオサイト「Balloons」は、次のURLからアクセスすることができます:

https://balloon-talkers.com/

※2018年2月19日現在、「Balloons」のサイトにアクセスしても、「ただいま、サービスを一時停止しています」としか表示されない状態です(詳細はこちら)。対処法について、このページの続きで紹介しています

「Balloons(バルーンズ)」だけで検索すると、一般的な「風船」という単語としての結果が中心で、このサイトがまだ上位には表示されないようです(ちなみにサイトの名前の日本語読みは「バルーン『ズ』」ではなく「バルーン」とのことです)

サーバーがダウン中で検索できない

しかし現在、アクセスが集中しているためか、サイトが正常に表示されない状態が発生しています

システム障害が発生しています。復旧までしばらくの間お待ち下さい!

Problems occurred in the server. Please wait for recovery!

次のエラーが表示される場合もあります。

500 Internal Server Error
nginx/1.13.5

そのため現在、Balloonsのトップページにある作家検索機能も使えない状況です(エラーになる)。

「作家が登録されているか」を検索する方法

しかし、公式の作家検索機能の代わりにGoogle検索を使って調べる方法が利用可能です。

Google検索のサイト内検索機能を使う

その方法とは、Googleで

site:balloon-talkers.com @TwitterID

(※「@TwitterID」のところは、調べたい作家さんのTwitter名に変える)

と検索するか、または、

site:balloon-talkers.com 作家名

(※「作家名」のところは、調べたい作家さんの名前に変える)

で検索して、検索結果に表示されるかどうかを確認・参考にする、という方法です(リンク先もエラーになる場合が多い状態ですが、そのエラー対策はさらにこの後紹介しています)。

登録されていた場合、「○○さんが2017年○○月○○日に描いたイラスト - Balloons」のようなページや、作家個人のページ「『(作家さんの名前)』とは? - Balloons」が検索結果に表示されます。

※注意:Googleの検索結果に出てこないからといって、登録されていないと言い切れるわけではありません(=確実ではありません)。また、検索結果に表示されたのが「同じ名前の別の作家さん」の可能性にも注意してください。

「どんなページか・何が書かれているか・ポートフォリオの中身」を確認する方法

検索結果に作家さんのページが見つかったものの、それをタップして開いてみても、現在エラーになってしまいます。

その場合は、エラーになったページのアドレスバーをタップしてから、

そのエラーが出てしまったURLの先頭に「cache:」と入力してそのURLを開いてみてください。

すると、最新ではありませんが(また、ページの表示が完全でない場合もありますが)、Googleに保存されていたシステム障害エラーが出ていない頃のページを表示することができます(ページによってはGoogleに保存されておらず、閲覧できない場合もあります)。

関連

また現在、「ツイコミツイコミ(仮) - ツイッターの漫画を集めました)」も同じツイッターに投稿した画像(マンガ)をまとめたサービスとして、話題となっています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿