情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「パスコード要求 iPhoneのロック解除パスコードを60分以内に変更してください」が表示される原因と対策について

iOS (272) iOS 11 (208) iPhone (1384) iPhone-パスコード (2)

2018年7月7日現在、以前(2016年5月)調査した「iPhoneに突然『パスコード要求』という強制的にパスコードを変更させようとするダイアログが表示される現象」が再び話題となっています(※発生が増えているという訳ではなく、単に話題になっているのみの模様)

そこで改めて、この2年間の間に最新の公式情報がAppleから提供されていないかと調べてみたところ、新しい情報を見つけることができました。

そこでは、このダイアログが表示される一般的な条件および、そうではないのに表示されてしまう場合の対処法が案内されているので、その内容について解説したいと思います。

「パスコード要求」ダイアログ

突然表示される「パスコード要求」というダイアログは次のようなものです。iPhoneの利用中に突然表示されます。特定のアプリの利用中に表示されるわけではなく、ホーム画面でも表示されます。

パスコード要求
iPhoneのロック解除パスコードを60分以内に変更してください。
[後で] [続ける]

以前このダイアログが突然表示される現象について調査したところ、Appleの把握状況は曖昧で、Apple側が「意図して」表示しているものではないことと、MDM(主に企業で用いられる、モバイルデバイス管理の仕組み)管理下およびMicrosoft Exchange利用者に表示される場合があるダイアログと同一である、ということが分かってきていました:

この調査が2年前の2016年5月です(当時、最新のiOSはiOS9.3.1!)。

Apple公式ヘルプに関連する記述あり

それから時間が経ち、Appleの公式ヘルプを再び確認してみたところ、以前の調査からおよそ1年半が経過した2017年11月18日が公開日となっているヘルプページ「iPhone、iPad、iPod touch でパスコードを使う」の最後にある「問題がある場合」という部分にて、この「パスコード要求」ダイアログが紹介されていました。

そしてそこには、「パスコード要求」ダイアログが表示される(正常な)理由として、以下の説明が記載されています:

構成プロファイルMicrosoft Exchange に基づくメールアカウント (企業や教育機関のデバイスでよく利用されます) では、パスコードについてポリシーが定められていて、それが理由で以下のような問題が起きることがあります。

「構成プロファイル」がMDM(の導入の具合的な手段)に対応しており、Microsoft Exchangeは直接記載があり、この点はほぼ調査の通りでした。

すこし追加で説明するとすれば、要するに「会社がiPhone等に対して『パスコードの定期的な変更を強制する』設定を有効にしていた場合に表示される」、そんなイメージです。

対策についての記述

そしてこの説明の続きには、「そうではないパターンでも表示される場合がある」ことを示唆するような、以下の記載があります:

構成プロファイルや Microsoft Exchange アカウントを使っていない場合、またはデバイスを個人で所有している場合は、デバイスを最新バージョンの iOS にアップデートしてください

これは、「構成プロファイルの利用やMicrosoft Exhangeアカウントを使っているわけでもないのに「パスコード要求」が表示されてしまう」場合(※他にもこちらもポリシー強制がなぜかオンになってしまっているような症状「パスコードをオフにできない・パスコードを変更できない」というトラブルも含みます)、つまり「原因が不明」の場合には、iOSのアップデートをするようにと案内していることとなります。

対策まとめ

ひとまずこれ以上の記述はないため、万が一突然このパスコード要求が表示されてしまった場合は、会社などからパスコードのポリシー(ルール)を強制されていないかを確認し、もし強制されていれば指示に従って変更を行い、そうではなかった場合には古いバージョンのiOSを使い続けていないかを確認し、最新版のiOSへのアップデートを行うようにすれば良さそうです。

不明な点も残る

この記載は要するに「Appleが意図していないにもかかわらず、Appleが用意している本物のパスコード要求ダイアログが表示されてしまう(パスコードポリシーが有効の時と同じ動作をしてしまう)場合がある」、つまりそういう不具合が発生することがある、ということを表しています。

ただし、その詳細な発動条件や、発動するきっかけなどについては不明のため、万が一表示された場合は、このヘルプを読むだけではやはりすっきりしません(とはいえあれからしばらくの時間が経っていますが、このダイアログが表示される人が大量発生した、という話は最近聞いていません)

また、そちらはあくまでAppleが用意している本物のパスコード要求ダイアログの話であり、実際このヘルプだけでは「偽物が表示される可能性」については言及されていません(※実際のところ、全く同じ挙動のパスコード要求を表示してパスコードを盗み出すようなUIを出せるのであればそれはiOSの重大な脆弱性であり、たとえウェブページ上やアプリ上などで「似ている・同じ文章を使った」ダイアログを出すことはできたとしても、全く同じ見た目のものは出せない、出せたとしてもすぐアップデートで対応されるはず、と考えることができます→この万が一を考えるとここからもまたiOSアップデートの推奨につながる)

とはいえ、心当たりがなければiOSへのアップデートを推奨しているため、ひとまず指示に従った変更は行わず、それよりもひとまずiOSのアップデートを行う、もしiOSが最新版であれば、Appleのサポートに相談するといった対応で良いかと思います。

関連

参考

コメント(0)

新しいコメントを投稿