情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

「Apple iPhoneがウイルスに感染しているので、早急の対応が必要です」

Google (90) iPhone (1385) ウイルス (36)

iPhoneの利用中に突然「Apple iPhoneがウイルスに感染しているので、早急の対応が必要です」という警告が表示されるユーザーが増えています。

「ウイルスに感染してしまったのか」「何をどうしたらよいのか」などの声も増えているので、この問題について紹介します。

※2018年11月2日22時40分現在、再びウイルス感染警告が突然表示されるユーザーが急増中です。詳しくはこちら→「突然「Appleがウイルスに感染」警告が届くユーザーが急増中―原因・対策・修復方法は?について(2018年11月2日)

「Apple iPhoneがウイルスに感染しているので、早急の対応が必要です」警告

現在、次のようなiPhoneのウイルス感染を警告する画面が突然表示される問題が、多くのユーザーの間で発生しています:

警告!

Apple iPhone がウイルスに感染しているので、早急の対応が必要です。

Apple iPhone を修復するために、続行して指示に従ってください。このウィンドウは閉じないでください。

**閉じる場合、責任は自己負担となります**

[閉じる]

URLには「net-installs-web-dev.win」をはじめ、「myonlineinstallswebdev.win」や「webinstallsonlinedev.win」「shoponlineinstallswebdev.win」「new-appsad-phone-growth.pw」「softwareminetechietech.pw」「naspd.pw」等、複数のパターンがあります。

ここで「閉じる」をタップすると、次の画面が表示されます:

Google Sunday 12, 2018

Apple iPhone でウイルスが (2) 個検出されました

Apple iPhoneがウイルス感染したのは、あなたが最近アダルトサイトを閲覧したからです。対応策をとらないと、SIMカード、写真、および連絡先がまもなく破損します

minutes and seconds

ウイルスの除去方法:

ステップ1: 下のボタンをタップしてApp Storeに進み、推奨されているウイルス除去アプリを無料でインストールします

ステップ2: :アプリを実行し、全てのウイルスを除去します

[ウイルスを今すぐ除去]

表示原因

このポップアップには、「アダルトサイトを閲覧したからウイルスに感染した」ということがこの画面の表示原因として説明されています。

しかし実際はそうではなく、基本的に閲覧中のページに強制的にポップアップを表示されただけです。

ウイルスに感染したから表示されているわけではありません

この画面は、偽のウイルス感染警告画面であり、言わば「アプリをインストールさせようとする広告」です。

対策

なので、指示には一切従わずに閉じるようにしてください

最初のポップアップで「閉じる」をタップして画面を開いてしまったけれど、ウイルスに感染したの?と思ってしまうユーザーも多いようですが、そこまでで何か問題が発生するような挙動は今のところ見つかっていません。そのため、指示に従ってアプリをインストールしたり、個人情報を入力したりなどの行動をしていないのであれば、そのままページを閉じるのみで問題ありません。

追加で心配がある場合や予防を行いたい場合や、今までもひっかかってしまっていたかもしれない、と心配がある場合は、ウイルス対策ソフトのインストール及びスキャンを実行してみてください:

「何もしてないのにどうして突然ポップアップが表示されたの?」について

この偽警告が表示される原因については、次のページで説明しています:

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿