情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

東京電力公式の「東京都内」の停電情報を確認する3つの方法とおすすめのページ

停電 (12) 東京 (9)

現在、小平市・東村山市・国分寺市などで、大規模な停電が発生しています。この停電の発生している地域・範囲や、復旧見込みについて確認してみようと、東京電力公式の情報をパソコンおよびスマートフォンから確認しようとしたのですが、特にスマートフォンから確認しようとしたときに、見にくかったり停電情報が見たいだけなのに会員登録が必要になったりといったことがあることに気が付いたので、その中でもおすすめのページ(スマートフォン版からはたどれないページになっているものの、スマートフォン版からでもこちらが手軽)を紹介します。

停電情報を確認する3つの方法

東京電力公式の「停電情報」をオンラインでパソコンやスマートフォンから確認しようとすると、以下の3つの方法がその中心的な方法となります:

  • iPhone/Android向けアプリを使う
  • 停電情報(地図、Flash版)を使う
  • 停電情報(一覧、HTML版)を使う

アプリ版は何故か会員登録などが必要になる

東京電力公式の停電情報は、アプリ版が提供されています。

そのアプリ版の名前は「TEPCO速報」で、提供者の名前は「Tokyo Electric Power Company Holdings, Inc」と、「東京電力」という名前が含まれておらず、見落としやすい点に注意が必要です。

アプリを起動すると、許可の確認や説明ページなどを経て、「お客さま情報登録」というページまで出てきてしまい、なかなか停電情報を表示させてくれません

そのため、純粋に「今起こっている停電情報を見たい」という場合にはおすすめできません。

停電情報の「地図版」が使いにくい

パソコンから「地図から探す」を開くと、「地図(Flash版)」が表示されます:

そしてiPhone/Androidスマホから開いた場合も、それと同等の、リッチな地図表示のデザインの画面が開きます。しかしこちらがあまり見やすいものではなく、何より操作がしにくい(動きがおかしい場合がある)ため、見たい市区町村の細かい情報にスムーズにたどり着くのが少し難しい状態です:

おすすめは「住所から探す(HTML版)」

そのため、おすすめは「住所から探す」(場所によっては「HTML版」と表現されているので注意)です。

スマートフォン用のデザインにはなっていないのですが、スマートフォンからであっても(パソコンからであっても)、こちらのHTML版を使う方が、具体的に自分の住んでいる地域の停電情報を調べるなどであれば、こちらのほうがおすすめです

しかしスマートフォン用のレイアウトを用意していないウェブページだからか、スマートフォンから東京電力のページを開くと、この「HTML版」への導線が非表示になっているようです。

HTML版は、以下からアクセスすることができます。利用してみてください:

停電の復旧見込みなどについて問い合わせる方法

東京電力のサイトでは、地域毎の発生件数は表示されるのですが、復旧見込みの情報(見込みが立っていない場合の含め)などは表示されないようです。

復旧見込み情報等の詳しい情報が知りたい場合は、個別の問い合わせを利用するようにしてください(ただし、実際の停電発生時には、混雑が予想されます):

コメント(0)

新しいコメントを投稿