LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

【LINE通話】相手の声が聞こえない・自分の声が相手に聞こえていない不具合と対策について

LINE (1478) LINE-不具合 (87) LINE-通話 (16)

LINE通話で「Full HD voice」が利用できるようになった11月19日頃より、「LINE通話で自分の声が相手に届いていない」「相手の声が聞こえない」など、片方の声だけ聞こえない・届かない問題が、一部のLINEユーザーの間で発生している模様です。

しかし同様の問題は以前より発生しており、LINE側のアップデートが原因であるとははっきりしておらず、その原因や対策についても、はっきりとしたことが分かっていません。

しかし現時点でLINE通話がうまく行かなかったときの回避方法があるので、そちらを紹介します。LINE通話をしたいのにうまく声が聞こえないとき、特にLINEでしかつながっていない相手と電話するときに、利用してみてください(相手の電話番号を知っているのであれば、ふつうの電話を使う方法もあります。そちらも試してみてください)。

LINE通話の声が片方しか聞こえない

現在一部のLINEユーザーの間で、LINEの無料通話機能を使ったときに、相手の声が聞こえなかったり、自分の声が相手に聞こえていないといった、会話が一方通行になってしまう問題が発生しています。

相手の声は聞こえるのに、自分が一生懸命喋っても相手には聞こえていない様子だったり、その逆で、LINE通話はつながっているのに何も聞こえない、といった問題が発生します。

原因について

この問題の原因については、はっきりとしたことが分かっていません。

LINEアプリの不具合もしくは、何らかの設定上の問題があるものと思われます。

また、Skypeやdiscordでも同じタイミングで似たような「相手の声が聞こえない」問題が発生しているケースがあり、LINEだけの問題ではない可能性があります。

対策について

今回紹介したような、相手の声が聞こえないケースでは、まず音量の設定に注意してください。通話中に音量ボタンを押して、音量を上げてみてください。

音量に問題がなさそうなのに聞こえない問題が起こる場合は、iPhone本体の再起動をしたり、LINEアプリを最新版にアップデートしてみてください。

また、Wi-Fi回線のON/OFFや、現在接続中のWi-Fiとは別のWi-Fiから通話を試してみる、といった対策を行ってみてください(接続先のWi-Fiルーターの設定が問題となっていることも考えられます)。また逆にWi-Fiを切断し、4G/LTE回線での通話を行ってみてください。

この問題で通話が出来ない場合の応急処置的な対策としては、LINE通話の「スピーカー」機能を使う、という方法もあります。

通常のスマホに耳を当てて通話する方法ではなく、「スピーカー」ボタンを押して、耳に当てていなくても聞こえる状態(ハンズフリー)にすることで、聞こえなかった相手の声が聞き取れるようになる場合があります。また、スピーカー機能の代わりに「イヤホン」を接続して、イヤホンを使って相手の声を聞きながら、電話してみる方法も同様に試してみてください。LINEで通話していて相手の声が聞こえなかったときに使ってみてください。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿