LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEの「ストーリー機能」の使い方(「24時間で自動的に投稿が消えるストーリー機能を追加」アップデート)

LINE (1486) LINE 9.7.0 (iPhone) (2) LINE 9.7.5 (Android) (2) LINE-ストーリー (2) LINE-タイムライン (108)

2019年5月17日現在、LINEで「ストーリー機能が付いた」「Instagramと同じストーリー機能が使える」など、ストーリー機能について話題になっています。

その話題のストーリー機能の使い方について。

ストーリー機能とは

今回LINEに搭載された新機能「ストーリー」とは、24時間で自動的に消えてしまう写真や動画を投稿できる機能です。

投稿から24時間の間だけ、公開範囲に指定した友だちが、それらの写真や動画を見ることができます。

各ユーザーが投稿したストーリーは、ストーリーの画面にユーザーごとに横に並び、それを開くと自動的に次々写真や動画が一定時間ごとにめくられていくことも特徴で、流れるように見ることができます。

この機能、LINE独自の新機能というわけではなく、同様の機能は他のアプリにも存在しており、一番有名なのはInstagramに搭載されているストーリー機能(正式名称は「ストーリーズ」)です。

LINEを最新版にアップデート

LINEに新しく追加された新機能「ストーリー」は、LINEをアップデートするまで使用することができません。

まずはLINEアプリを最新版にアップデートしてください(iPhone版9.7.0以降、Android版9.7.5以降)。

ストーリーに投稿する方法

「ストーリー」機能は、LINEアプリの下部に表示された「タイムライン」タブの中で利用できます

タイムラインタブを選択したら、画面左上にある「+ストーリー」をタップします。

するとカメラ機能が開くので、「テキスト 写真 動画」の中から投稿のタイプを選んで、例えば写真であれば次のように、シャッターボタンをタップして撮影します:

撮影後、右下の送信ボタンをタップすれば、ストーリーに画像が投稿されます(画像の状態であれば、「友だちまで公開」されます)。

投稿されたストーリーを見る方法

投稿されたストーリーは、タイムラインタブの一番上に、投稿したユーザーごとに、左から右へ並びます。その一覧のうちの1つをタップすると、スライドショーが始まります

ストーリーの閲覧中は、「いいね」を行うことができます。自分が投稿したストーリーを削除したり、ダウンロードすることも可能です。

誰に見られたか分かる?見たことがバレる?通知される?

現在のところ、ストーリーを見た人を確認する手段は用意されていません。しかし、今後新機能として追加されることが予告されているため、突然見たことが相手に分かってしまうようになることが考えられます。この点には(現時点は大丈夫ですが)、注意しておくと良いかと思います。ただしInstagramと違い、少なくとも現時点では友だちより広く公開することができないため、友だちではない人のストーリーを見ることはできず、見た人を確認する機能(足跡機能)の立ち位置も少し違ってくるかも知れません。

ストーリーが使えない場合

LINEの「タイムライン」タブを開いても「ストーリー」機能が表示されずに使えない場合は、LINEアプリが最新版にアップデートできていること(iPhone版9.7.0以降、Android版9.7.5以降)を確認してください。

関連:LINEを最新版にアップデートする方法(アップデートできない場合の原因と対策付き)

コメント(0)

新しいコメントを投稿