LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINE「ネタカード」の使い方(LINE 8.17.0アップデート新機能)

LINE (1486) LINE 8.17.0 (7) LINE-iPhone (415) LINE-ネタカード (2)

2018年11月21日現在、LINEの新機能「ネタカード」がiPhone版LINEおよびAndroid版LINEの最新版から利用できるようになっています。

この新機能はアップデートのお知らせ(Androidのみ)にて「タイムラインで、興味のあるトピックをカード形式で共有できる「ネタカード」機能の追加」と紹介されているものの、いざネタカードを作ってみよう、使ってみよう、と思っても、右下のプラスボタンの中に特に候補は表示されず、ネタカードとして投稿する方法が分かりません

そこで今回はこの新機能「ネタカード」を使う方法を紹介します。

「ネタカード」機能はタイムラインにある

現在、LINEアプリを開いて「タイムライン」を開くと「ネタカード」という見出しの付いた画像を発見することができます

「ネタカード『を』投稿」というより「ネタカード『に』投稿」?

ここで一つ気が付くというか、アップデート情報が紛らわしかったのではないかと思うのですが、実は「ネタカード」というのはこのタイムライン上に表示された枠、もっと言えば、この「#秋の飯テロ」のようなユーザー参加型の「イベント」の枠組みのことを指し、ユーザーが「ネタカード」という種類の投稿をできるわけではないようなのです。

ユーザーは、この「ネタカード」に表示されている「ネタ」に乗っかる形で、画像や文章を投稿することができます

投稿方法

実際に投稿するには、まずネタカード枠に表示されている画像をタップします。

すると、このネタカードに投稿されている、テーマにあった画像を多数見つけることができます(下にスクロール)

Instagramのハッシュタグのように、「人気」と「最新」に分かれて画像が並んでいます。

今回は、ここに自分の投稿を掲載することができる、というわけです。

実際に投稿するには、ネタカードの内容が拡大表示されるので、「投稿する」をタップします。

すると、タイムラインの投稿と同じ画面が表示されます。このとき、初めから投稿文章にはこのテーマに設定されたハッシュタグが入力済みの状態です(画像では、青い吹き出しの後ろに隠れてしまっています)。ここには「イベントに参加するため、公開範囲が[全体に公開]に変更されました」と表示されており、まさにタイムライン機能を通じて、ネタカードに対して投稿するような仕組みです。実際に投稿するには、画像を選択してから「投稿」をタップします:

すると、自分の写真が「最新」のところに表示されます。

自分のホーム(タイムライン)にも投稿される

あくまでネタカードは、特定のハッシュタグをイベント化したような機能に過ぎないため、ここで投稿した内容は通常のタイムラインへの投稿同様に、自分のホーム(自分のタイムライン)に流れることになります。

削除する方法

そのため、一度ネタカードのネタに対して投稿した内容(写真)を削除するには、自分のホームを開いてから投稿を見つけ、削除を行ってみてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿