LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEオープンチャットで「アナウンスのメッセージが見つかりません」エラーでアナウンスが読めない原因と対策について

LINE オープンチャット (19)

本日LINEの新機能「オープンチャット」が利用可能となりました。オープンチャットは、匿名で参加でき、不特定多数のユーザーが参加することがあることが特徴であるため、管理者機能が充実しています。

その一方で、管理者側も「トークのアナウンス機能(メガホン機能)」を利用して、はじめて参加した人向けの情報を固定表示する工夫を行うのが定番となっています。

しかし、そのアナウンスをタップしても、「アナウンスのメッセージが見つかりません」エラーが表示されてしまい、オープンチャットの運営からのお知らせを読むことができない場合があります。

今回は、この問題の原因と対策について紹介します。

「アナウンスのメッセージが見つかりません」エラーになる

本日開始された「LINEオープンチャット」ですが、先行利用ユーザーもいたことから、既に多数のトークルームが用意されており、参加者が多いトークルームも増えています。

そして参加者が多いトークルームでのマナーであったり、ルール、どんな話をする場所なのかといった重要な情報をみんなに知ってもらうために、LINEの「アナウンス」機能を利用しているトークルームも増えています。

しかし、そのアナウンス(メガホンマーク)をタップしても、次のエラーが表示されてしまう問題が発生する場合があります。

アナウンスのメッセージが見つかりません

[OK]

原因

アナウンス機能は、メッセージ(トーク)を固定する機能なのですが、固定したトークが古すぎて、トークルームに読み込まれていない場合にこのエラーが発生します

まさに、「アナウンスの元になっているトーク(メッセージ)がトーク履歴の中にないよ」という状態です。

対策

このエラーになってしまった場合には、画面をスクロールして、過去のトークに遡ってみて下さい

過去のトークに遡って、その固定されているトークの場所まで読み込まれたら、アナウンスをタップしてもエラーが表示されずに、そのトークが表示されるようになります

しかし、あまりに大量のトークが投稿されている場合、なかなか遡っても、アナウンスのトークが見つからない場合があるため、この点には注意してください(※現時点で、トーク検索機能や、カレンダーから過去のトークを開く機能がオープンチャットのトークルームについては用意されていません)。

コメント(0)

新しいコメントを投稿