LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEに突然表示された「オープンチャット」って何?グループチャットとは違う新機能なの?について

LINE (1438) LINE オープンチャット (18)

2019年8月19日午前11時現在、LINEアプリに突然「トーク」や「グループ」とは別に「オープンチャット」という項目が表示されるようになったユーザーが増え始めています。

この突然表示されるようになった「オープンチャット」について、「オープンチャットって何?」と思ってユーザー向けの情報を紹介します。

突然表示された「オープンチャット」

現在、突然LINEアプリで「トークルームを作成」しようとしたら「オープンチャット」というトークの種類が表示されたり、「ホーム」の中に「オープンチャット いろんな人とおしゃべりしてみよう」という、オープンチャットのトップページへの入り口が表示される、トーク一覧画面に「新機能『オープンチャット』でトークして情報収集しよう!」という吹き出しが表示されるなど、突然アプリ内に「オープンチャット」に関連する機能が表示されはじめています

新機能オープンチャット

オープンチャットは、LINEアプリの新機能で、これまで一部のユーザーにのみ解放されていました

その新機能の一般公開が近づいた結果、その新機能が表示されはじめたユーザーが発生しているようです(※追記:オープンチャットのお知らせに、10時30分より一般公開がリリースされたことが掲載されました)。

オープンチャットとは

オープンチャットとはどんな機能かというと、今までの「グループ」機能がより、いろいろな人が参加するのに適した形になったものです。

「コミュニティ」と呼ぶと、イメージが湧きやすいかも知れません。また、趣味の合うひと同士が集まる様子から、「mixiみたい」とも言われます。

オープンチャットは、そのような使い方に合わせて、グループでつながるほど身近じゃない人同士であっても、一緒に参加しやすいことが特徴です。

オープンチャットの特徴

例えば、全然知らない人が参加していても良いように、普段使っているLINEのプロフィールを隠して参加(匿名で参加)することができます。オープンチャットも機能としてはグループに似ていますが、オープンチャットのチャットルームごとに、プロフィール写真や名前を新しく設定できます設定の様子)。

他にも、オープンチャットにQRコードで招待できます。今までは「友だち登録」など、LINE上で繋がってからグループに招待、という流れが基本でしたが、オープンチャットであれば、QRコードをTwitterやInstagram、ホームページに載せるだけで、参加者を募集・招待できます。

また、通常のLINEグループの場合、途中参加すると、過去のトークを見ることはできませんでした。しかし、オープンチャットでは、参加する前の投稿も遡ることができます。

いろいろなユーザーが参加できるように、今まで500人だった人数制限も、最大5,000人まで参加できるように緩和されています。

そして、知らない人が多数参加するからこそ発生しがちな「グループの荒らし」などを管理できるように、グループ機能の頃から要望が多かった管理者機能がついており、管理者にしかできないことが用意されています。例えば参加メンバーを制限する機能を使えば、管理者だけがグループへの参加を「承認」することができます。つまり、管理者が承認しなかったユーザーには参加させない、ということができるわけです。

オープンチャットに参加するには?

オープンチャットでトークルームに参加して、トークを読んだり、送信したりする手順はこちらのページで解説しています。

通知が多すぎる問題について

このような「多くの人が参加できる」新しいタイプのトークルームが作れるため、そこに参加した場合、通知が多すぎて困る場合もあります。

そのような状況になってしまった場合は、オープンチャットで参加したトークルームの通知をオフに設定してみてください。

LINEオープンチャットができない

LINEオープンチャットを利用するには、アプリを最新版にアップデートしてください。

それでも11時現在、まだ(先行利用していない)一部のユーザーにしかオープンチャットの有効化が反映されていない様子であるため、利用可能になるまでしばらく待つようにしてみてください。

オープンチャットのヘルプ

LINEオープンチャットの具体的な使い方については、既に公式ヘルプが開設されています。そちらを確認してみてください。

関連:オープンチャットが使えない問題について

コメント(0)

新しいコメントを投稿