情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Chromeアップデート後に「閉じたタブを開く」機能が使えない(復元できない)問題と対策について

Chrome (137)

Chrome 78へのアップデート後に、一部のユーザーの間で「閉じたタブを開く機能が消えた」「閉じたタブが開けなくなった」との声が増えています

この問題の原因と対策について紹介します。

「閉じたタブを開く」が右クリックメニューに表示されない

Chrome 78にて、タブを右クリックした際に今まで表示されていた「閉じたタブを開く」というメニューが表示されないようになっています。

Chrome 78へのアップデート前(Chrome 77)では、タブを右クリックした際に、一番下から2番目に「閉じたタブを開く」というメニューがありました。それをクリックすると、一番最後に閉じたタブが復元される、便利機能です。

しかしChrome 78へのアップデート後にタブを右クリックしてみると、メニューの内容が大幅に変更され、項目が減り、その結果「閉じたタブを開く」のメニューが消えてしまいました。

閉じたタブを開く機能はまだ利用可能

このアップデートにより、「閉じたタブを開く機能が消えた」と思ってしまうかも知れません。

しかし実は、別の方法が存続されています

余白を右クリックする

まず単純な方法が、タブを右クリックするのではなく、タブの余白部分を右クリックする、という方法です。

一番右のタブのさらに右には「+」ボタンがあるかと思います。その「+」ボタンもしくは「+」より右の部分の余白を右クリックして表示されるメニューの中に、(少し気が付きにくい項目の中に紛れていますが、)「閉じたタブを開く」が残されています。こちらを利用してみてください。

ショートカットキーを利用する

そしてもう一つの方法が、ショートカットキーの利用です。Windowsであれば「Ctrl+Shift+T」、macOSであれば「Command+Shift+t」が、「閉じたタブを開く」のショートカットキーです。こちらでも今まで通り閉じたタブを開くことができるため、このキーボードショートカットキーの利用も検討してみてください。

関連:Chromeアップデートで大きな変更が多数

今回のChrome78では、大きな変更がいくつも導入されており、戸惑うユーザーも少なくないようです。次の記事にて、その中の一つを紹介しています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿