情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iPhone「Appをアップデートできません」エラーでアプリをアップデートできない原因や対策について

App Store (64) Apple ID (28) iPhone (1491)

iPhoneでアプリをAppStoreからアップデートしようとした際に、「Appをアップデートできません (アプリ名)は、返金されたか他のユーザに購入されたものであるため、ご利用のApple IDではアップデートできません。」エラーが表示されてしまい、アップデートに失敗してしまう場合があります。

このエラーの原因と対策について。

Appをアップデートできませんエラー

iPhone/iPadのApp Storeからアプリをアップデートしようとした際に、次のエラーメッセージが表示されてしまい、アップデートができなくなってしまう場合があります。

Appをアップデートできません

(アプリ名)は、返金されたか他のユーザに購入されたものであるため、ご利用のApple IDではアップデートできません

[OK]

このエラーが表示され、「どうしてエラーになるか分からない」「何故かアップデートできない」などと困ってしまうケースがあるようです。

原因について

このエラーの原因としてひとつ有力なのは、アプリをインストールしたときにログインしていたApple IDと、現在ログイン中のApple IDとが食い違っている、というものです。

Apple IDを複数持っていたり、Apple IDを作り直していたり、別の人のApple IDを使ってログインしていたりなど、何らかの要因で現在利用しているApple IDと以前利用していたApple IDが別物になっているとき、このエラーが発生しアップデートができない状態になってしまう場合があります。

また、このエラーはあくまでアプリごとに発生するエラーであり、「今までずっと問題がなかったのに、このアプリをアップデートしようとしたら突然エラーが出るようになった」のようなことも発生します。

対策について

この場合、アプリを一度消して改めてインストールし直すか、以前利用していたApple IDでログインし直した上で、改めてアップデート(インストール)を試してみてください。

不具合/障害が発生?

ただしこのエラーですが、「Apple IDを1つしか使ったことがないはず」というユーザーでも発生しており、また、一時的に発生が増えているタイミングがありました。

そのため、一時的に「Appをアップデートできません」エラーが無関係なユーザーに表示されてしまう不具合・障害が発生していた可能性があり、今後もそちらが再発する、といったことも考えられます。

したがって、心当たりがない場合は、しばらく待ってエラーが出ずにアップデートできる状態に戻っていないかを確かめる、といった対処方法も検討してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿