情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS14】背面タップの誤動作に注意

iOS (358) iOS 14 (54) iOS-背面タップ (4) iPhone (1510)

iOS14の新機能「背面タップ」は、iPhoneの背面をトントンと叩くことで事前設定した操作が実行できる新しい操作方法です。

どんな画面からでも、片手で簡単に特定の操作を呼び出せれることから、「スクリーンショット」や「コントロールセンター」に加え、自作した「ショートカット」など、様々な操作が各々の利用者に割り当てられています。

しかしこの「背面タップ」について、実際に有効にしてからしばらく使ってみて「誤動作」がしばしば発生することに気が付くユーザーが増えています。

背面タップに割り当てる操作を考える上で、そして、誤動作が発生したときに「一体どうして発動したのか」を考える上で参考になるヒントとして、ユーザーの間でよく発生している誤動作の原因について紹介します。

背面タップ

背面タップは、iOS14から利用できるようになった新しい操作で、デフォルトでは無効ですが、設定を変更することで有効化され、iPhoneの背面を指でトントンと叩いたときに、事前に設定しておいた操作、例えば「スクリーンショット」などを実行することが可能になります

「勝手にスクリーンショットが撮られていた」などの誤動作

この背面タップに関して、気が付かないうちに発動して、設定しておいたスクリーンショットが勝手に撮影されていたり、気が付いたら実行後の画面になっているなど、誤動作が発生し、それに気が付き、「こういうときに誤動作してしまうのか」と知るユーザーが増えています。

誤動作する代表例

そんな背面タップが誤動作してしまう代表例が、「iPhoneを置いたとき」です。

iPhoneをテーブルの上に何気なく置いたとき、気が付いたら背面タップが発動してしまっていた、というケースがかなり多いようです。

背面タップは、iPhoneをケースに入れていても発動することなどから、本体の振動パターンを分析して発動判定が行われているものと思われます。iPhone本体を置いたとき、その置き方や置き場所によっては、2回後ろからトントンと叩いたのと似た振動が起こってしまうことで、背面タップが実行されたと誤認されてしまっているものと考えられます。

誤動作する可能性に注意

このように、誤動作する可能性がある点に注意しつつ、背面タップに割り当てる動作を設定するように注意してみてください。

例えば、見られたくないものが表示されるような、個人的なアプリを起動するショートカットであったりすると、テーブルに置いた瞬間開いてしまう、といったことが発動しかねません。

また、特にショートカットアプリを利用して重要な操作を割り当てていた場合などにも、「自分が操作しなかったタイミングで発動してしまうかもしれない」ということを考慮した設定を心がけるようにしてみてください。

その他、背面タップの3回タップの設定は2回タップの設定よりも誤動作しにくいと考えられるため、そういった特性も加味して3回に誤動作しないで欲しい操作を割り当てる、などの設定方法も検討してみてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿