情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Windows10「Bluetoothが無効です」でつながらない・Bluetoothを有効にできない問題発生時の対策メモ

Bluetooth (14) Windows 10 (193)

Windows 10 でBluetoothドングルを使用して接続していたBluetooth機器が突然利用できない状態になり、Bluetoothの設定を確認してみると「Bluetoothが無効です」と表示され、Bluetoothのオン/オフスイッチも切り替えられない問題が発生してしまいました。

そのときの症状や対処内容について、メモしておきます。

※Windows 10 + Bluetooth USBアダプタ(エレコム LBT-UAN05C2)。

Bluetooth機器が突然使えなくなった

Bluetooth機器(CLIP STUDIO TABMATE)が突然電源を入れてもつながらなくなり、Windows 10のBluetooth設定画面(Bluetoothとその他のデバイス)で確認してみると、「Bluetoothが無効です」と表示されていて、つながっていない状態になってしまっていることが分かりました。

また、通常その画面にあるはずの「Bluetooth オン・オフ」の有効切り替えボタンが表示されておらず、Windows側にBluetoothアダプタが認識されていないかのような状態でした。

そこで、Windowsの再起動や、機内モードの確認、デバイスマネージャ上の表示確認などをしてみたのですが、問題は解消できず、原因も分からず、という状態になってしまいました。

また、Bluetoothアダプタを抜き差ししてみても、USBを差し込んだ際に発せられる音は出るものの、Bluetoothを有効にすることができず、Bluetoothアダプタとしての動作をしていないような振る舞いでした。

再接続できない

また、改めて「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」ボタンからBluetooth機器の追加を試してみようとしたところ、次のエラーが表示されてしまいました。

接続できませんでした
次のことを試してみてください。
・このWindowsデバイスでは、Bluetoothを有効にしてください。
・このデバイスでBluetoothがサポートされているにもかかわらず有効にできない場合は、[設定]のWindows Updateを使用してドライバーを更新してください。

[Bluetoothの問題に関する詳細なヘルプを表示]

デバイスマネージャーの表示がおかしい

そこでさらにいろいろ試していると、特に問題があるように見えていなかった「デバイスマネージャー」に、「Bluetooth USB」という項目が表示されているのが正常ではなく、本来であれば「Bluetooth」という項目名で表示されるはずだ、ということに気が付きました(アイコンは同じなので見分けにくい)。

Bluetoothドライバが更新されていた

そして、「Bluetooth USB」の下にある「BlueSoleil Generic Bluetooth Driver」を右クリックしてその内容を確認してみると、「イベント」タブにあるイベントの一覧の中に、つい問題が発生する前日、「ドライバーサービスが追加されました(Btcsrusb)」「デバイスがインストールされました (btcusb.inf_amd64_eb51f1a18c8ab2a4)」というイベントが記録されたばかり、つまり、ドライバのアップデート/変更が発生していたようでした。

解決した対策

そこで、「イベント」タブから「ドライバー」タブに切り替えて、「ドライバーを元に戻す」を実行してみることとしました。

ドライバーを元に戻す
ドライバーの更新後にデバイスが動作しない場合、以前にインストールしたドライバーに戻します。

いろいろと注意書き等が表示される特に注意が必要な操作ですが、まさに「ドライバーの更新後にデバイスが動作しない」に当てはまっている様子であったため、実行しました。

再接続成功

ドライバーを元に戻す操作が完了し、改めて設定の「Bluetoothとその他のデバイス」の表示を確認してみたところ、無事「ペアリング済み」と表示され、再度Bluetoothデバイスが利用できる状態に戻すことに成功していることが確認できました

再発しないか様子見中

今後またアップデートが実行され、Bluetoothアダプタが利用できない状態になってしまわないか、様子見中です。

コメント(0)

新しいコメントを投稿