情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Chrome】Googleカレンダーが開けない・読み込み状態のまま読み込まれない問題の原因や対策について

Google (108) Google カレンダー (1)

2020年10月17日頃より、「ChromeでGoogleカレンダーが開けない」「読み込み中のまま、予定が読み込まれない」問題の発生するユーザーが増加しています。

その問題の原因と対策について紹介します。

Googleカレンダーが開けない

現在、「ChromeでGoogleカレンダーが開けない」という問題の発生するユーザーが増加しています。

具体的には、Googleカレンダーのトップページにアクセスした際に、画面左上の「カレンダー」表示や、画面左に小さく表示される今月のカレンダー、右上の自分のGoogleアカウントアイコンなどは表示されるものの、メインの大きいカレンダー(デフォルトであれば今月のカレンダー)が表示されない状態です。

画面上部には青色のバーが左から右へと動き続けており、読み込み中表示のままカレンダーの読み込みが終わらないように見えます。

原因

現在発生しているこの問題の原因となっているのが、広告をブロックするChrome拡張です。

インストールしているChrome拡張の中に、広告をブロックするChrome拡張が含まれていないか、動作していないかを確認してみてください。

対策

もしそういったChrome拡張がインストールされていたら、Googleカレンダーのページを対象から除外するか、無効化もしくはアンインストールするなどして、表示が改善されるかどうかを試してみてください。

それらの対応によって今まで通りカレンダーが読み込まれるようになれば、そのChrome拡張によりGoogleカレンダーのカレンダー読み込みがブロックされてしまっているものと思われるため、そのまま除外設定を利用するなどの対処を行ってみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿