情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Internet ExplorerでGoogleカレンダーが開けない・ヘルプに飛ばされる問題の原因と対策について

Google (113) Google カレンダー (3) Internet Explorer (13) Internet Explorer 11 (3) Windows (463) Windows 10 (223) Windows Update (22)

本日2021年4月21日現在、Internet Explorer(インターネット エクスプローラー)で「Googleカレンダー」を開こうとしたのに開けないヘルプに飛ばされる、等の声が増えています。

この現象や対策について。

Internet ExplorerでGoogleカレンダーが開けない

Internet Explorerのお気に入りや、Google検索経由などでGoogleカレンダーを開こうとした際に、次のようなヘルプページに飛ばされてしまい、Googleカレンダーを開くことができない問題の発生が増えています。

Microsoft Edge でこの Web サイトを表示することをお勧めします

突然知らない「Microsoft Edge」などの話が登場することもあり、何が起こったのかの説明もなくヘルプに飛ばされてしまったことで、「Googleカレンダーが開かなくなった」と困っているユーザーも少なくないようです。

なお、「現在 Microsoft Edge でブラウズしています」という画面が表示されるケースもあります。

原因

この原因は、まずMicrosoftが「Internet Explorer」ブラウザから、新しい「Microsoft Edge」ブラウザを利用するように移行を進めており、一部サイトに関しては、Internet Explorerで開こうとしてもこのようにヘルプに転送されたり、Edgeで開こうとする、などの挙動になるようになってきているためです。

詳細:Internet Explorerで開こうとしてもEdgeで開いてしまう/ヘルプに飛ばされる現象とEdgeが自動で開く転送機能を無効化する設定

対策

そのため、基本的には、Internet Explorer以外のブラウザを利用してGoogleカレンダーのページにアクセスするという方法が有効で、推奨されている方法です(転送を無効化する設定も用意されていますが、推奨されているのは別のブラウザ(Edge)で開くことです)。

具体的には、「Microsoft Edge」または「Google Chrome」などのブラウザを利用することで、Googleカレンダーを利用することができます(再度ログインが必要になります)。

「現在 Microsoft Edge でブラウズしています」という画面が表示された場合は、それが「Microsoft Edge」の画面なので、「閲覧を続ける」をクリックすると、Googleカレンダーにアクセスできますし、Edgeが開かなかったり、何らかの理由で利用できない場合は、「Google Chrome」を新たにインストール(公式ページ)して、そちらからGoogleカレンダーの利用を試してみてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿