情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Chromeのタイムゾーン設定を変更する方法について

Chrome (186)

Chromeブラウザ上でウェブサイトを表示する際に利用されているタイムゾーンや、Chromeそのものの機能(履歴など)で表示されている時刻のタイムゾーンなどを変更しようと思っても、Chromeの設定で時刻やタイムゾーンに関する設定が見つけられず、Chromeのヘルプページを確認してみてもタイムゾーンの設定手順についてを発見できずで困ってしまう場合があります。

そういったユーザー向けの情報を紹介します。

注意:現在発生中の不具合(2021年1月発生)

2021年1月29日現在、Chromeの最新版(バージョン88)にて、Chromeからアクセスしたウェブサイトの時刻表示がずれてしまう不具合が発生しています。

実際にタイムゾーンの設定を変更したい、というわけではなくて、時刻表示がおかしくなってしまっただけ、という場合には、この不具合の影響の可能性があります。

次のページで現在発生中の不具合や対策手順(回避策)について確認してみてください:

Chromeで利用するタイムゾーンを変更する方法

Chromeで利用されているタイムゾーンは基本的にWindowsやMacなどの「OS側の」タイムゾーン情報が利用されているため、Chrome内のタイムゾーン設定を探して変更するのではなく(用意されていない)、OS側のタイムゾーン設定を変更します。

例えばWindowsの場合は「設定>時刻と言語>日付と時刻」にある「タイムゾーン」を変更します(詳細)。

またMac(macOS)の場合は「システム環境設定>日付と時刻」で「変更するにはカギをクリックします」をクリックした後パスワードを入力し、「時間帯」タブで「現在の位置情報に基づいて、時間帯を自動的に設定」をはずし、世界地図から設定したい地域(タイムゾーン)をクリックし、「最も近い都市」で都市を選択します。

これらの変更を行った上でChrome上で表示しているページを再読み込み、もしくはChromeの再起動を行うと、OS側で設定したタイムゾーンがChrome側に反映されます。

タイムゾーンの変更に成功しているかどうかを確認するには

すべてのウェブサイトがアクセス元のタイムゾーンに従って時刻表示をしてくれる機能を持っているわけではないため、タイムゾーンの設定変更そのものに成功しているかどうかの確認は、Chromeの「履歴(chrome://history)」ページを確認するのがおすすめです。

Chromeで利用するタイムゾーン「だけ」変更する方法

そのため、通常の設定方法では、Chromeだけ、利用するタイムゾーンを変更することはできません。

Chrome内だけでタイムゾーンを変更したい場合は、タイムゾーンの変更を行うChromeの拡張機能を利用します。ただし、そのChrome拡張に強い権限を与えることとなるため、利用する際は必要性と権限、提供元などを確認した上で利用するようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿