情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

ブラウザ版TwitterがSafariから開けない「このブラウザは現在サポートされていません」エラーの発生が急増中(2021年1月29日発生)

Twitter (437) Twitter-iPhone (52)

2021年1月29日午前9時頃より突然ブラウザ版TwitterにiPhoneのSafariブラウザや、iPhoneのアプリ内ブラウザ(LINEからTwitterを開いた際等)に、「このブラウザは現在サポートされていません 引き続きtwitter.comを利用するため、サポートされているブラウザに切り替えてください。サポートされているブラウザのリストについては、ヘルプセンターをご覧ください」エラーが表示されてしまい、ブラウザ版Twitterが利用できない問題の発生が急増しています。

この問題について。

ブラウザ版Twitterが開けない

2021年1月29日午前9時頃より、iOS版Safariブラウザからブラウザ版Twitterを開こうとすると次のエラーが表示されてしまい、アクセスできない問題の発生するユーザーが急増しています。

このブラウザは現在サポートされていません。

引き続きtwitter.comを利用するため、サポートされているブラウザに切り替えてください。サポートされているブラウザのリストについては、ヘルプセンターをご覧ください。

また、他のアプリから、そのアプリ内のブラウザでTwitterのページを開いた際にも、同様のブラウザエラーが表示されてしまう状態です。

このエラー自体は以前からあるもののSafariでは通常表示されない

このエラー自体は、Internet Explorerからアクセスした際などに表示されるエラーメッセージとして以前から存在していますが、iPhone版Safari(最新版のiOSであるiOS14.4利用)でも表示される、というのは今まで発生していなかったことです。

不具合?

サポートされているブラウザにも含まれていることから、何らかの不具合(判定の誤りなど)と思われます。

対策について

Twitterへのアクセスを行いたい場合は、この問題が解消されるまで、iPhoneアプリ版のTwitterを利用するようにしてみてください。

ただし何らかの意図があってブラウザ版を利用していることも少なくないと思います。そういった場合には、Chromeブラウザアプリをインストールし、そちらでTwitterを開くようにしてみてください。現時点で、Chromeブラウザからブラウザ版にアクセスする分には、今まで通り閲覧できるようです。

Chromeでブラウザ版からアクセスした際に勝手にTwitterアプリが開いてしまう、という場合には、「Twitter」←このリンクを長押しして、「新しいタブで開く」を選択してみてください(こちらの手順が似ています。

追記:復旧へ

午前9時20分頃より、再びSafariからアクセスできるようになり始めた模様です。再度Twitterにアクセスし、閲覧可能かどうかを確認してみてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿