情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS14.5にアップデートしても大丈夫?不具合情報まとめ(iOS14.5配信開始直後)

iOS 14 (79) iOS 14.5 (4) iPhone (1587)

Apple Watchを利用したマスク着用状態でのロック解除や、新製品「AirTag」への対応などいくつかの大きな機能追加アップデートを含む「iOS 14.5」の配信が本日2021年4月27日午前2時頃より開始されました。

既に多くのユーザーが「マスクを着用したままのロック解除」などの新機能を試そうとするなどして、アップデートを行っています。

今回のこのアップデートに関して、新たに発生している不具合に関する情報をまとめて紹介します。

iOS 14.5 の主なアップデート内容について

今回のiOS14.5は、新しいロック解除の仕組みを含め、いくつかの大きなアップデートが含まれています。具体的には、以下が代表的なアップデート内容です:

  • Apple Watchを利用したiPhoneのロック解除機能(マスク着用中にFace IDが利用できると言われるアップデート)
  • 新製品「AirTag」への対応
  • 絵文字の追加
  • Xbox Series X/S、PS5 のコントローラーに対応
  • デュアルSIM時の5G利用への対応
  • トラッキング透明性に関するアップデート(アップデートの説明文には「Appのトラッキングの透明性により、広告やデータブローカーと共有する目的で他社のAppおよびWebサイトを横断してアクティビティがトラッキングされる場合、どのAppに対してトラッキングを許可するかを選択可能」との記載。許可機能はiOS14.4.2時点でも利用できていました。iOS 14.5 での変更については「ユーザーのプライバシーとデータの使用 - App Store - Apple Developer」や「Accessing User Data - App Architecture - iOS - Human Interface Guidelines - Apple Developer」も参考にしてみてください)

不具合情報について

リリース当日朝時点では今のところ、日本ユーザーからの不具合報告として、特に目立つものは見つかっていません。

普段のマイナーアップデート(バージョン番号の小数点以下の数字のみが増えるアップデート)と比較しても、「iOS14.5の不具合なのではないか?」と思われる現象に関する言及・報告は少ない様子です。

ただし今後、現時点ではあまり話題となっていない、気が付きにくい部分から大きな不具合が見つかる可能性もあるため、現時点で「特に不具合がなさそうだ」と判断してしまうには早すぎるため、引き続き不具合発生の状況を確認した上でアップデートを検討したい場合は、変わらずしばらく様子を見ることをおすすめします。

マスク着用時のFace IDが使えない?

なお、不具合ではなく、アップデート後に困ってしまうケースとしては、「マスクを付けたままFace IDが使える」と聞いたけれども利用できない、というパターンが多く発生しているようです。

こちらについては、次の記事を参考にしてみてください。

Apple Watchのソフトウェアアップデートができない?

また、Apple Watchにも新しいバージョンのwatchOSであるwatchOS 7.4がリリースされていますが、そちらのアップデートが「アップデートを確認できません」エラーで失敗してしまう場合には、iPhone本体側のiOS 14.5へのアップデートが済んでいることを確認し、そのアップデートが完了してから試すようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿