情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS14.5+Face ID】「マスクを付けたままの顔認証ができない」原因や対策について(Apple Watchが必要/設定項目など)

iOS (366) iOS 14 (69) iOS 14.5 (4) iPhone (1539)

本日2021年4月27日より端院が開始されたiOS14.5にて、「マスクを付けたままFace IDができるようになった」や「マスクを付けたままの顔認証に対応した」などの声が聞かれるようになっています。

しかし、「iOS14.5にアップデートしても、マスクを付けたままのFace ID/顔認証ができないまま変わらないのはどうして?」といったことが一部で発生しています。

この問題に関する情報を紹介します。

iOS 14.5 で「マスクを着用したままFace IDロック解除」が可能に

iOS 14.5 アップデートにより、マスクを着用したまま、Face IDでロックされたiPhoneのロック解除ができるようになりました。

マスクをずらして顔全体を出さずとも、ロックを解除することができます。

しかしこの機能のことを軽く耳にしただけの場合、「iOS14.5にアップデートしたけど使えない」となってしまう要因が複数あるため、注意が必要です。

Apple Watch が必要

まずもっとも大きな前提として、Apple Watchが必要である、という点です。

今回の新機能は、マスクにより顔認証(顔を認識して個人を識別する機能)が利用できないという点を、「マスクを付けていることの認識」に加え、Apple Watchを装着していること(そしてそのロックが解除された状態であること)で補うような仕組みで動作しています。

そのため、iOS 14.5 の公式のアップデート情報にも、次のように案内されており、Appl Watch(Series 3以降)を持っていて、それを装着していることが前提となります。

Apple WatchでiPhoneをロック解除
マスクを着けたままFace IDで認証するときに、Apple Watch Series 3以降を使用してiPhone X以降のロックを解除する機能

したがって、Apple Watchを持っていない場合には、この新機能を利用することができません

Apple WatchのwatchOSも最新版にアップデートが必要

「iOS 14.5 から利用できる」というのは確かですが、iPhone側のアップデートだけでなく、Apple Watch側も最新のwatchOS(watchOS 7.4」にアップデートする必要があるため、事前にアップデートを行うようにしてください。

なお、watchOSを7.4にアップデートするには、iPhone側を先にiOS 14.5にアップデートしておく必要がある点にも注意してください。

設定を確認

このマスクを付けたままのFace ID認証は、設定でオン/オフ(有効/無効)を切り替えられるようになっています。

「設定」アプリを開いて、「Face IDとパスコード」を開き、「○○のApple Watch(Apple Watch名)」の設定項目が「オン」になっていることを確認してください。

APPLE WATCHでロック解除
○○のApple Watch

マスクを着用していてFace IDで顔を認識できないとき、Apple Watchへのセキュリティ保護された接続を使用してiPhoneをロック解除します。Apple Watchは、iPhoneとの通信範囲内にあり、手首に装着されていて、ロックが解除されており、さらにパスコードで保護されている必要があります。

ロック解除以外で使えない

ロック解除以外にも、Face IDはApp Storeや、アプリのログインなどに利用できますが、今回追加された新機能はあくまで「Apple Watchでの『ロック解除』」であり、iPhoneのロックを解除する際のFace IDのみが対象とされ、それ以外の場所でのFace IDについては対象外となっています。

「マスクを付けたままのFace IDが使えない」となったときは、ロック解除以外の場所で試してしまっていないかを確認してみてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿