情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

iOS14.3にアップデートして大丈夫?iOS14.3の評判や不具合情報について

iOS (364) iOS 14 (66) iPhone (1530)

2020年12月15日未明頃より、iOSの最新版「iOS14.3」アップデートの配信が開始されました。

このiOS14.3アップデートに関して話題になっていることや、修正された不具合、その他、大きなバグ・不具合が発生していてアップデートしない方が良い等の問題が確認されていないか等、「アップデートして大丈夫?」に関する情報をまとめておきます。

iOS14.3へのアップデート方法

iOS14.3へのアップデートは従来通り「設定」内の「ソフトウェア・アップデート」よりアップデートすることが可能です。

iOS14.3のアップデート内容

iOS14.3のアップデート概要は次のとおりです:

iOS 14.3では、Apple Fitness+およびAirPods Maxに対応しました。このリリースには、iPhone 12 ProでApple ProRAWの写真を撮影する機能に加えて、App Storeへのプライバシー情報の導入、iPhoneのその他の機能の追加、およびバグ修正も含まれます。 一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/kb/HT201222

また、その詳細は次の通り案内されています:

iOS 14.3では、Apple Fitness+およびAirPods Maxに対応しました。このリリースには、iPhone 12 ProでApple ProRAWの写真を撮影する機能に加えて、App Storeへのプライバシー情報の導入、iPhoneのその他の機能の追加、およびバグ修正も含まれます。

Apple Fitness+

  • iPhone、iPad、およびApple TVで利用可能なスタジオスタイルのワークアウトとApple Watchを組み合わせた新しいフィットネス体験(Apple Watch Series 3以降)
  • iPhone、iPad、Apple TVの新しい“フィットネス” Appで、Fitness+のワークアウト、トレーナー、パーソナライズされたおすすめをブラウズ可能
  • 毎週、人気の上位10種類のワークアウトタイプにビデオワークアウトを追加: 高強度インターバルトレーニング、インドアバイク、ヨガ、コア、筋力、ダンス、ローイング、トレッドミルでのウォーキング、トレッドミルでのランニング、マインドフル・クールダウン
  • Fitness+のトレーナーがワークアウト用に厳選したプレイリストを利用可能
  • Fitness+のサブスクリプションは、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、および米国で利用可能

AirPods Max

  • 新しいオーバーイヤーヘッドフォン“AirPods Max”に対応
  • ハイファイオーディオで豊かなサウンドを実現
  • アダプティブEQにより、イヤークッションの装着状態に合わせてサウンドをリアルタイムに最適化
  • アクティブノイズキャンセリングで環境ノイズを遮断
  • 外部音取り込みモードで周囲の環境音を聞き取ることが可能
  • 空間オーディオとダイナミック・ヘッド・トラッキングにより、まるで映画館にいるかのようなサウンド体験を実現

写真

  • iPhone 12 ProおよびiPhone 12 Pro MaxでApple ProRAWの写真を撮影可能
  • Apple ProRAWの写真を“写真” Appで編集可能
  • 25 fpsでビデオを撮影するためのオプション
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、およびiPhone Xで静止画を撮影する際に前面カメラを左右反転可能
  • プライバシー

    • 新しいプライバシー情報セクションがApp Storeページに追加され、デベロッパから報告されたアプリケーションのプライバシー規約の概要を表示

    TV App

    • Apple Originalの番組や映画を簡単に見つけて視聴できるように、AppleTV+のタブを刷新
    • 検索機能が強化され、ジャンルなどのカテゴリ別に参照でき、入力中に検索履歴や候補を表示
    • 上位の検索結果に映画、テレビ番組、Podcast、チャンネル、スポーツの最も関連性の高い検索結果を表示

    App Clip

    • Apple製App Clipコードを“カメラ”またはコントロールセンターからスキャンしてApp Clipを起動可能

    ヘルスケア

    • “ヘルスケア” Appの“周期記録”で、妊娠、授乳、または避妊方法の使用を指定できるようになったことで、生理や妊娠可能期間の予測をより的確に管理

    天気

    • “天気”、“マップ”、およびSiriで空気質のデータを中国本土で利用可能
    • 米国、イギリス、ドイツ、インド、メキシコで特定の空気質レベルになったときに健康上の推奨事項を“天気”とSiriで提供

    Safari

    • SafariのEcosia検索エンジンオプション

    このリリースには、以下の問題の修正も含まれます:

    • 一部のMMSメッセージを受信できないことがある問題
    • 一部の“メッセージ”の通知を受信できないことがある問題
    • メッセージの作成中に連絡先グループのメンバーが表示されなかった問題
    • 一部のビデオを“写真” Appから共有したときに正常に表示されないことがある問題
    • Appのフォルダを開けないことがある問題
    • Spotlightの検索結果や、SpotlightからのAppの起動が正しく動作しないことがある問題
    • “設定”でBluetoothが利用できない場合がある問題
    • デバイスがワイヤレスで充電できなくなることがある問題
    • MagSafeデュアル充電パッドでiPhoneをワイヤレス充電したときに最大電力未満にしか充電できないことがある問題
    • WACプロトコルを使用するワイヤレスアクセサリおよび周辺機器の設定を完了できないことがある問題
    • VoiceOverの使用中にリマインダーでリストを追加すると、キーボードが閉じてしまう問題

    一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
    https://support.apple.com/kb/HT201222

この分量から分かるとおり、かなり多くのアップデートがiOS14.3には含まれています。

アップデートの評判について

新機能としては、そこで紹介されている「Apple ProRAWと呼ばれるRAWデータ(生データ)での撮影に対応した」点が最も大きな話題となっており、そこには掲載がないものとしては、「ショートカット機能を使用してアプリアイコンを変更している場合の挙動が改善されたこと(ショートカットアプリを経由しないで開けるようになったこと。アプリを開く機能に限らず改善)」が話題です。

RAW対応については以前から予告されており、期待されていました。また、iOS14のウィジェット対応の影響で話題となっていた「アプリアイコンを変える方法」で発生していた不満/デメリットを改善するショートカット機能の挙動改善も期待されていたものでした。

また、「追加されなかった」新機能としてはApple Watchの心電図機能の日本での解放が話題です。

その他アップデートの詳細に含まれない変更点として、以前iOS14.2で「AA」表示から「大小」表示に変更されたSafariのアドレスバー左のボタンがさらに「ぁあ」へと変更されています。

また、「UQモバイル」や「BIGLOBE」のSIMを使用していても「au」と表示されるようになっていたアンテナ横の表示が今回のアップデートで「UQ mobile」や「BIGLOBE」と表示されるようになったことも、アップデート直後に気が付きやすい点として言及が増えています。

不具合の修正について

アップデートの詳細情報には、修正された不具合が多数掲載されているものの、その掲載内容に含まれていないその他の問題(例えばバッテリー消費が激しい状態になってしまう問題や、Wi-Fi接続の問題、CarPlayでの音質の問題など)の改善状況を気にする声が多いようです(例に挙げた3つに対して、はっきりと改善が確認されているものは今のところありません)。

iOS14.2で発生していた「最適化されたバッテリー充電が勝手にオンになる」問題は、iOS14.3アップデートで解消されているとの報告が増えています。

パスワード付きのExcelファイルやWordファイルをiOSのビューワーで開いても「Decryption failed. (null)」エラーになってしまう問題(詳細)も解消されていない模様です。

新たに発生している不具合について

また、新たに発生している不具合に関しては、今のところ目立っているものはない様子です。しかし、iOS14.3は比較的アップデートに時間がかかるiOSアップデートであることもあり、今後アップデートするユーザーが増える中で新たに不具合に遭遇する利用者が増加し、大きな不具合が見つかる可能性も考えられます。

そのため、アップデートに慎重になるのであれば、数日程度はアップデートを待ってから、改めて不具合の発生状況等を確認することをおすすめします。また、格安SIMに関しては、iOS14.3での動作検証結果の発表を待つなどの対応も検討してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿