情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【CapCut】流行中の「イラストや静止画を3Dっぽく加工して動かす」方法は?(3Dズーム/3DズームPro機能を利用する)

CapCut (1)

2021年10月3日現在、イラストや画像に奥行きを持たせて動かす加工を行うユーザーが増えています。

この加工を行う際には、「CapCut」というアプリがよく利用されています。

しかし、このCapCutを利用していざ3D化して動かす加工を行おうとしても、どこから加工すれば良いか分からない、どこにフィルタがあるのか分からないと困ってしまうケースが多いようなので、編集メニューの中からどこを探せば良いのか、などについて紹介します。

CapCutのダウンロード方法

CapCutアプリは、以下のリンク先からダウンロード・インストールすることが可能です。

※今回は、iPhone版をベースに、利用方法を紹介します。

3D化して背景を動かす機能の名前

現在流行している、イラストや静止画(写真も可能)に奥行きを持たせて立体化した上で動かす加工は、CapCut内では「Zoom 3D Pro」や「3Dズーム」と呼ばれる機能を利用します。

準備

CapCutの基本的な利用手順としては、まず「新しいプロジェクト」をタップしてから、動かしたい写真・イラスト・画像を1つ選択して、「追加(1)」をタップします。

すると自動的に、その静止画が3秒間再生されるシンプルな動画が作成されます。そうしたら、そこからこの動画を加工します。

Zoom 3D Pro / 3D ズーム加工の場所はどこ?

しかし、ここで多数のボタンやフィルタが表示され、今回の動く3D化加工がどこから行えるのかを探すのが難しい、というのが難点です。

まず、(1)画像が3秒間表示される部分が加工対象として選択されていない場合は、その部分をタップするか、一番下にあるツールバーの一番左に表示される「編集」ボタンをタップして、選択状態にします。

そうしたら、(2)ツールバーに左から順に「分割」や「アニメーション」、「削除」などが表示されたツールバーに切り替わると思うのですが、そのツールバーの右のほうにある、「スタイル」をタップします。ここを見つけることが、最大のポイントです。

すると、この「スタイル」という種類の加工の中に、「Zoom 3D Pro(新しいほうで、よく動きます)」や「3Dズーム(動きが控えめ)」というスタイル加工が表示されるので、それらを選択します。

作成した動画を保存する

作成した動画を保存するには、画面右上にある「上矢印ボタン(エクスポートボタン)」をタップして少し待った後に表示される「シェアの準備ができました」画面が表示されます。

するとこの時点で、「写真」アプリ内に、CapCutで作成した結果(動画)が保存されているので、確認してみてください。

保存されていないようであれば、右下の「その他」をタップした後、表示されるiOSのシェアのメニューの中から「ビデオを保存」をタップしてみてください。

応用:写真を追加するには

何枚もの写真をつなげるために写真を追加するには、サムネイルが並んでいるタイムライン表示の右端にある、白い「+(プラス)」ボタンをタップしてから、画像を選択します。すると、写真が再び追加されます。

応用:時間を短くする/長くするには

画像を動画に追加すると、最初は「3秒」の動画として読み込まれます。

この長さを変更するには、その画像の動画部分を選択した状態で、選択表示の右端にある白いパーツを、左右に動かします

コメント(0)

新しいコメントを投稿




  • カテゴリ ナビ
  • 著者紹介

    ブログが趣味で、スマホアプリの利用中に発生するトラブルや不具合の対策手順や障害情報、 設定の変更方法などについて、解説記事をよく書いています。

    自分が困ったことをブログに書けば、次に困る人の参考になって、みんながみんな同じ苦労をせずに済む、というのが原点です。

    最近の関心は、スマホやパソコンが苦手な人の行動や思考、そしてそんな人を手助けする方法です。

    RSS | Facebook | Twitter | About