情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS16】ロック画面のウィジェットが使えない・追加できない問題と対策について

iOS 16 (45)

iPhoneをiOS16にアップデートしてロック画面にウィジェットを追加しようとしたものの、「ウィジェットを追加」画面にアプリが表示されず、ウィジェットを追加できない問題が発生する場合があります。

この問題が発生した際の対策について紹介します。

ウィジェットが使えない

iOS16へのアップデート後、新しく提供されたロック画面向けのウィジェットをさっそくロック画面に追加しようとしたものの、「ウィジェットを追加」をタップして表示された「ウィジェットを追加」の一覧にアプリが表示されず、新しいロック画面向けウィジェットを追加できず利用できない問題が、一部のユーザーの間で発生しています。

原因と対策について

ロック画面ウィジェットに対応したはずのアプリが表示されない原因についてはいくつかの原因と対策が考えられます。

原因1:アプリをアップデートしていない

iOS16のロック画面向けウィジェットに対応したとの告知を行うアプリが増えています。

しかしそれらの新しいウィジェットを利用するためには、最新版にアップデートする必要がある場合があります

まずはそのアプリが最新版にアップデートされているかどうかを確認してみてください。

原因2:一度もアプリを起動していない

iOS16へのアップデート後や、アプリのアップデート・インストール後に一度もアプリを起動していない場合は、ホーム画面に戻り、そのウィジェットの提供元アプリをタップして起動してみてください。

原因3:iOS16で発生している不具合で反映されていない

その他の大きな原因として考えられるのが、iOS16において発生している不具合です(発生原因の詳細は不明ですが、本来表示されるはずの状態でも表示されないため、何らかの不具合と考えられます)。

この対策としては、iPhone本体の再起動や、それでも解消しない場合はアプリの再インストールという方法もありますが、その他の対策として、iPhone本体の言語設定を一度変更してから元に戻すという方法があります。

具体的には、iPhoneの「設定」アプリを開いてから「一般」>「言語と地域」を開き、「優先する言語」の一番上に通常表示されている「日本語」ではない別の言語(English 英語 など)を一番上に変更した後に、また「日本語」に戻す、という方法です。

「優先する言語」の中に「日本語」しか表示されない場合は「言語を追加...」をタップして「English」などを追加して、そちらを一番上に設定してから戻す、という設定変更を行ってみてください。

この設定変更を行った後にiPhoneを再起動し、ウィジェットが表示されるかを改めて確認してみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿