情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【ChatGPT】文字数がおかしい・「○○文字以内」の指定がズレる問題に注意

ChatGPT (146)

chatGPT(チャットGPT)を使用して文章を書かせようとした場合に、「400文字以内で」のように、文字数を指定して書いてもらう場合があります。

こうしたときに、指定通りの文字数になっていない場合がある点に注意が必要です。

この「文字数」の扱いに関する注意点を紹介します。

文字数を指定して書いてもらうと文字数がおかしいことがある

ChatGPT(チャットGPT)に「100文字以内で○○を説明して」のように質問することで、その文字数の指定に従った範囲で、回答を作成してくれます。

しかしその文字数指定が、指定した範囲から大きく外れてしまう場合があります。

例えば500文字以内で指定したはずが600文字を超える、のようなことが発生します。

文字数を数える動作も不安定

また、回答の文字数を数えて押してもらうと、「どうしてその文字数になったのかが分からない」ようなズレ方をした数値が返ってくる場合があります。

詳しく文に含まれる文字について質問してみても、全角文字しか含まれていない文章について「半角文字の文字数」の話が登場したり、1文字しかない文字を複数回登場している文字として扱うなど、文字数に関する挙動の取り扱いには注意が必要のようです。

文字数に関する指定を行った際は再確認がおすすめ

そのため、文字数を指定して回答をしてもらった場合は、指示通りに文字数になっているかを確認してみてください。

また、文字数がズレてしまっていても、多くの利用者の間で発生しているため、(今後修正・改善される可能性はありつつも)現時点では、文字数の取り扱いに問題が発生する場合がある、という点に注意して利用するようにしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿