情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Twitter】「あなたをリストに追加しました」通知がたくさん届くのはどうして?について

Twitter (593)

本日2023年7月2日現在、Twitterに「○○さんがあなたをリスト『(リスト名)』に追加しました」という通知が複数のユーザーから届くケースが増加しています。

この通知の意味と、この通知が届くケースが本日急増している背景などについて紹介します。

「あなたをリストに追加しました」通知

本日2023年7月2日現在、突然複数のユーザーから届くケースが増えているのは、次のような通知メッセージです。

○○さんがあなたをリスト「(リスト名)」に追加しました

意味

この通知は、そのユーザーが、リストにあなたを追加したことを知らせる通知です。

非公開リストであれば通知は行われませんが、非公開に設定されていないリストであれば、リストにあなたが追加されたとき、このような通知が行われます。

増加している原因

この通知が増加している原因は、Twitterの通称「閲覧制限」が実施されている影響です

昨日より、Twitterにおける制限が厳しくなり、API呼び出し回数制限エラーなどが多数発生する状況で、タイムラインすら通常通り閲覧できないユーザーも発生している状況です。

そんな中、ホームの「フォロー中」などのタイムラインは閲覧がエラーになってしまうものの、 ツイート検索で検索キーワードに「filter:follows」を指定すればフォローしているユーザーのツイートが閲覧できる、という方法が話題となっています。

しかしこの方法もしばらく利用していると制限が実施され、結局閲覧できない状態になってしまう、というのが現状です。

そんな中、さらに別の回避手段として、「リストに追加しているユーザーであれば閲覧できた」との声があり、現在、新しくリストにフォローしているユーザーを追加する対策が話題となり、リストにユーザーを追加するケースが急増しています。

この際、非公開リストに設定していないと追加したユーザーの分だけ通知が送信されるため、現在通知が様々なユーザーから届く、といったケースが急増している、というわけです。

現在この「リスト追加通知が突然届いたけれど原因不明で怖い」のようなことを思うかもしれませんが、本日に関しては、制限を回避するためにリスト追加を実施しているユーザーが多く、その影響なのではないか、ということをまず疑ってみてください(※リスト名などで、今回特別に追加していることを説明している場合もあるため、リスト名やリストの説明書きなども併せて確認してみてください)。

なお、今回エラーが急増して慌ててリストに多数のユーザーを追加している場合、急激にユーザーを追加しすぎたことで、「問題が発生しました」エラーになってしまい、結局フォローしているユーザーすべてを追加することはできず、回避することができない、というケースが多くなっています。

コメント(0)

新しいコメントを投稿