情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【X(旧Twitter)】「リポスト・再投稿・件の引用」はリツイートと同じ?違うの?について

Twitter (587)

Twitterアプリのアップデートにより、「X」という名前のアプリに変化した後、今まで「リツイート」だった機能が「リポスト」や「Reposts」、「再投稿」、「件の引用」などと表示されるようになっています。

これらの表示に関する情報を紹介します。

Xの「リポスト」

Twitterアプリのアップデートにより、アプリ名が「X」に変更されたユーザーの間で、リツイートボタンをタップしたときの選択肢に「リポスト」や「Repost」と表示されるようになった、との声が2023年8月現在増加しています。

Xの「再投稿」

またユーザーによっては、旧リツイートが「再投稿」と表示される場合もあります。

Xの「件の引用」

その他、以前の引用リツイートが「件の引用」と表示される場合もあります。

※単に「引用」と表示される場合もあります。

名称が変わった

これらに関しては、「X」になって機能が変わったわけではない、同じ機能です(※2023年8月12日現在)。

しかしながら、「Twitter(ツイッター)」というサービス名を止めた影響で、「リツイート」のようなサービス名に合わせた名称が順次見直され、より一般的な名称である「リポスト」や「再投稿」等に変更されたものと思われます。

対策について

そのため、特に何か対応しなければならない、新たに使い分けなければならない、というわけではなく、名称が変わったことに注意しつつ、利用するようにしてみてください。

なお、2023年8月12日現在、ユーザーによってまだ表示が異なっていたり、さらなる変更が行われてもおかしくない状況であるため、今後のさらなる名称変更にも注意するようにしてみてください。

ユーザーによっては、現時点で「リポスト」と言っても伝わらない場合があります。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿