情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【X】「twitter.com」が「x.com」に変わった?怪しいメールアドレス?等について

Twitter (599)

X(旧Twitter)にて、「x.com」というドメインのURLがツイートに含まれていたり、URLをコピーして共有しようとしたらtwitter.comではなくx.comになっていた、Xからのメールがtwitter.comのメールアドレスからではなく、x.comのメールアドレスから届いた、など、Xユーザーの間で「x.com」というドメインのURLを見る機会が増えているようです。

現時点での変更状況や、「x.com」からのメールが届いたり、「x.com」のURLを見かけるなどして「怪しい」と思ったユーザー向けの情報を紹介します。

「x.com」ドメイン

「x.com」という、一見して「怪しい」とも言われがちなこのドメインは、Twitter社を買収したイーロン・マスク氏が以前より所有していたドメインです。

2017年7月5日、マスクはX.comのドメイン名をPayPalから買い戻した
引用元

「Twitter」のサービス名が「X」へ変更されたことで、この「x.com」が「X」用のドメインとして利用されるようになり始めた模様です。

このような背景があるため、怪しい得体の知れないドメイン、というわけではありません。次は、購入当時のマスク氏からのツイートです:

また、以前よりマスク氏が所有していたドメインであるため、「Twitterのために新たにものすごい金額を出して購入した」という訳でもないようです。ただし、購入時の購入金額は明らかではないものの、相場は相当な金額のようです。当時のニュース記事にて説明されています:

It’s unclear how much Musk spent for the domain name—which is one of just three available single-letter .com domains—but Silver estimated it could be as much as an eight-digit figure ($10 million).
引用元

「x.com」は「twitter.comlに転送される状態

なお、x.comのトップページは現在、twitter.comへ転送されるようになっています。

ツイート共有時のURLが一部「x.com」に

また、iOS版Xアプリ最新版では、ツイートを共有しようとしたときにコピーされるURLが、「https://x.com/」始まりのURLに変更されており、ここから「x.com」を見かける機会が増えているようです。

ただし、Android版xアプリの最新版やPC版(ブラウザ版)では今のところ、「https://twitter.com/」始まりのURLが共有用URLとしてコピーされる状態のままのようです。

このあたりは、今はこのような違いがあれど、今後徐々に「x.com」が利用されるケースが増加していくことが予想されます。

メールの送信元も一部「x.com」へ

その他、Xから届くメール、例えばログイン時の通知メールは、「@x.com」のメールアドレスから届くように変更されています。

他のメールでは「@twitter.com」が利用されていたり、文面は「Twitterへの新規ログインがありました」と「Xへの新規ログインがありました」に変更されていないなど中途半端な状態となっていますが、今後「twitter.com」から「x.com」へと変わっていくものと思われます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿