情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS17】カレンダー系アプリの動作がおかしい・予定が表示されない・予定が消えた場合の原因や対策について

iOS 17 (36) iPhone (1662)

iOS17へのアップデート後、カレンダー系のアプリもしくは、カレンダーの予定を表示する系のアプリの利用者の間で、そのアプリで今まで閲覧できていた予定が消えてしまっている(表示されない)、と困ってしまうケースが発生しています。

iOS17へのアップデートの影響で、利用中のカレンダー系アプリでこのような問題が発生した場合の原因や対策、試してみたいことについて紹介します。

※カレンダー系アプリの例:TimeTree

「カレンダーから予定が消えた」の声

iPhoneで純正カレンダーアプリ以外のアプリを使ってスケジュールを管理したり表示したりしていた場合に、iOS17アップデート以降、スケジュールが消えてしまった・表示されなくなってしまった、と困ってしまうケースが発生しています。

ここで特徴的なのは、消えてしまった(表示されなくなってしまった)予定自体は、iPhone標準のカレンダー内に保存されている、という点です。

iOS17アップデートの影響

このような現象が発生したとき、現在iOS17アップデート直後に考えられるのは、iOS17の新機能の影響です。

実はiOS17では、カレンダーの情報の取り扱い(権限設定・プライバシー設定)が強化・変更されました。

そのため、カレンダーの情報を参照するアプリは、改めて権限の設定が行われないと、今まで通り正しく動作しない場合があります。

対策

そのため、動作がおかしい場合には、設定変更が有効な対策手段となります。

まず「設定」アプリを開いて、問題の発生しているカレンダー系アプリの名前を探して、それを開きます。

そうしたら、捧持されるアクセス許可の一覧の中の「カレンダー」をタップして開き、「予定の追加のみ」ではなく、「フルアクセス」に変更します。

この変更を行わず「予定の追加のみ」となっていると、既に加工登録済みの予定を取得できない(表示できない)状態となってしまっているため、取得まで許可する「フルアクセス」に変更します。

再表示されるかどうかを確認

設定を変更したら、もう一度問題が発生していたカレンダー系アプリを開き直し、予定が今まで通り表示されるかどうかを再確認してみてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿