LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「現在LINEを利用できません しばらく経ってから~」エラーの対策について

LINE (1251) LINE-iPhone (340) LINE-エラー (51) LINE-メールアドレス (17)

現在LINEを利用できません しばらく経ってからもう一度お試し頂くか端末を再起動してみてください」というエラーが多発しています。このエラーの原因は複数あるので、それぞれの原因と対策を解説します。

機種変して「ログインできない」「パスワードがわからない」「登録してあるはずなのにパスワード再発行メールが来ない」という場合はこちらを確認してください。

原因の分類

原因はいろいろあり、今のところ2つ考えられています。

1.突然発生した場合(最近多い!!)

突然LINEが使えなくなってしまった場合は、LINEのアカウントが停止された可能性が高いです。対策や停止の解除方法について、詳しくはこちらにまとめてあります→「突然LINEが使えなくなる人が増加中!LINEアカウント「利用停止」処分の特徴と解除方法

2.新しいiPhoneに機種変した場合

新しいiPhoneに機種変した直後にこのエラーが表示されることがあります。現在最新版のLINEでは改善されたはずですが、このエントリでは、これが原因の場合について、解説します。

移行失敗が原因の場合

この記事では、新しいiPhone(iPhone 5)に買い変えたときのデータ移行失敗について解説します。

公式は対処法として「再インストール」を勧めています。しかし、ここで迂闊に再インストールを行うとアカントやデータが全て消えてしまいます。確かに再インストールするのですが、再インストールの前後に必要な作業があるのです。しかし、その作業は状況によって異なってきます

そこで、このエラーに遭遇してしまったときの対処法を状況別に紹介したいと思います。また、成功しても引き継げないとされている「履歴引き継ぎ」も紹介します。

注意点

再インストールすれば直る」という言葉は正しくもありますが、損する可能性を含んでいます。よく自分の状況を把握した上で再インストールしてください。何も考えない再インストールのは最終手段と言えます。

以降で紹介する「パターン1」の引き継ぎ手順を忘れずに実行できるか、「パターン2」の手順を実行するかどうか、このあたりが損になるかどうかの分かれ目です。また、「パターン0」の履歴もバックアップできる方法も重要です。

原因

機種変後、このエラーに遭遇した人はおそらく、前のiPhoneのバックアップ(iTunes or iCloud)からの復元、つまりデータ移行を行ったのだと思われます。

この復元時にLINEの認証情報の移行に失敗すると、このエラーに遭遇する模様です(この件についての議論)。

以下、状況別の対処法を紹介します

0.完全に移行したい場合←今からでも間に合う!

対象

復元に一度は失敗してエラーが出たけど、リベンジして、トーク履歴まで引き継ぎたい!という人向けです。失敗したとしても、メールアドレスの登録を利用する「1.」か「2.」に再チャレンジすればいいだけなので、「時間がない」というわけでなければ是非試してみてください。

方法

前のiPhoneを「機種変でトーク履歴が消える人続出中!「LINE」が壊れないデータ移行手順とは(iPhoneからiPhoneへの機種変向け)」に従って暗号化バックアップします。ようするに、バックアップのやり直しです。

そして、新しいiPhoneへもう一度復元してみてください。この方法でしかトーク履歴は引き継げないため、試してみる価値はあります。

※リンク先の注意点をよく読んでから行ってください。現在非公式な方法です。しかし、元々公式の方法だけあって、復元後そのまま利用できた人多数です。

1.「メールアドレスが登録済み」の場合

対象

メールアドレスを既に登録済みの人が対象です。PCからログイン経験のある人は、そのメアド&パスを使います。

作業内容

そのメールアドレスを利用して、再インストール後に引き継ぎ作業を行います

まず、新しいiPhone上のLINEをアンインストールして、もう一度再インストールします。

起動すると、「スタート」と「メールアドレスで読込」という二つのボタンが表れるので、ここで「メールアドレスで読込」を選択します。

登録済みのメールアドレスとパスワードを入力し、あとはそのまま登録をすすめて行くことで引き継ぎが完了します。

トーク履歴は消えてしまいますが、「友だち」「グループ」「スタンプ購入履歴」「ひとこと」「ホームの買い込み」などなどは引き継ぐことができます。

2.「メールアドレス登録してなかった!」+「前のiPhoneがまだ手元にある」という場合

対象

メールアドレス登録をしていなかった人向けです。この場合、新しいiPhone上で再インストールしてそのまま登録を進めてしまうと、LINEアカウントが消えてしまい、作り直しになってしまいます。

作業内容

この場合は、前のiPhoneでメールアドレス登録を行うという方法をおすすめします。

どうするかというと、再インストールして登録してしまう前なら、前のiPhoneをWiFi等でインターネットに接続した状態でLINEが使えるはずです。この状態で、「その他>設定>メールアドレス登録>メールアドレス登録」の画面に進み、「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「確認」をタップします。これでメールアドレスを登録した状態にまで復活できました。

あとは、「1.メールアドレスが登録済みの場合」の通りに引き継ぎ手順を実行します。これで、トーク履歴以外の「友だち」や「グループ」などの情報が引き継がれます。再インストールしてメールアドレスを入力した後に「読み込み中」の画面で止まってしまう場合は、一旦新しいiPhoneを初期化すると改善される場合があります。

3.「メールアドレス登録してなかった!」+「前のiPhoneがもう手元に無い」という場合(最終手段)

対象

メールアドレスの登録をしていない状態で、すでに下取りなどで前のiPhoneを手放したり、誰かにあげるために初期化してしまった人が対象です。

作業内容

この場合は、もう既に前のLINEアカウントにアクセスする方法が残されていません。そのため、一旦LINEをアンインストールした後、再インストールして、「スタート!」ボタンから新規登録を行ってください。

今までの「友だち」「グループ」などの情報はリセットされてしまい、またゼロからやり直しになってしまします。

理解を深めるために

iPhone5への機種変に伴うトラブル全般について書いた記事もチェックしておくことをおすすめします。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(1)

  1. 佐藤
    2015年11月1日(日) 22:34

    ラインがすべて消えてしまいました。
    復元はできたもののすぐ、現在ラインが利用できませんという画面にきりかわります。
    対処方法がわかりません。
    どうしたらよろしいでしょうか?
    連絡先 090-2219-3628

新しいコメントを投稿