LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

【LINE】iPhone版LINE最新版(4.6.0)での不具合(開けなくなった、など)について

LINE (1015) LINE 4.6.0 (7) LINE-iPhone (253) LINE-アップデート (90)

iPhone版LINEの最新版が本日公開されました。今回も、以前のアップデート同様に、不具合の報告が相次いでいます。以前と同じ不具合が多いのですが、似たような不具合がいろいろあってよく分からなくなってきたので、ここに解説や対処法へのリンクをまとめておきます。

iPhone版LINE最新版(4.6.0)で発生中の不具合

現在、iPhone版LINE最新版には、次のような不具合報告があります。特に多いのが、「LINEが開かなくなった」というものです。

開けなくなった

LINEが開けなくなった、つまり、アイコンをタップしても、すぐ落ちてしまう(閉じる・ホーム画面に戻る)という不具合です。

以下が参考になります。

アイコンが消えた

LINEをアップデートしたら、ホーム画面のどこを探しても「LINE」アイコンが見つからない、という不具合報告も多いです。

トーク履歴が消えた・友だちが消えた

トーク履歴が消えた、友だちが消えた(表示されない)という不具合報告も目に付きます。

以下に、最近あった同様の不具合についての解説記事を列挙しておくので参考にしてください。

「不正なURLです」エラーが出る

報告が多くはありませんが、4.2.0でも発生していた、「エラー ご利用のバージョンでは対応していないか不正なURLです」が、LINEを開くたびに表示される問題が発生している模様です。

「友だち情報をサーバーから取得しています」で止まってしまう

アップデート完了後にLINEを起動したところ、途中で止まってしまう問題も発生しています。

必ずしも「LINE」が悪いとは言い切れない

このような不具合を見て、「LINEはひどいものを作った」「改悪だ」という反応が大きいのもいつも通りなのですが、ここで気をつけて欲しいのが、これらよく言われる、どのバージョンでも発生しているような「不具合」は、みんながみんな発生する不具合ではなく、発生する人は限られているという点です。

つまり、発生する人の端末に、何らかの問題・特徴があるというわけです。

その中で、もっとも多いのではないかと思われるのが、アプリやデータ(写真・動画・音楽)の詰め込みすぎ、使いすぎです。また、LINEにトーク履歴をため込みすぎた状態でアップデートしたというのも考えられます。

アップデート時に、アップデートを正常に完了するだけの余裕が端末に確保できず、アップデート後のアプリが開けなくなったり、データが破損して読み出せなくなったりする場合や、アップデート後に、トークデータが大きすぎて表示に失敗しているなどです。

というわけで、とにかくアップデート前の準備を済ませてから、アップデートをする、ということをおすすめします(実際の所、そんなことを一切しなくても、何も起こらない場合が十分に多いので、「LINEはそんな準備なんかしないといけないのか-」と思ったらLINEがかわいそうです)

自動アップデートをオフにする方法

iPhone版LINEの自動アップデート(自動更新)の手順は、次の記事で紹介しています。突然のアップデートに困らないようにするには、自動アップデートをとりあえずオフにしておき、更新有りの通知(バッジ)を見て、評判を少し確認してからアップデートする、というのが便利です。

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(2)

  1. ゆか
    2014年10月5日(日) 01:49

    iOS8にアップデートした後にiPhoneをパソコンに同期させたら、iPhoneかやLINEが消えたので、再インストールしたら、ログイン画面になってしまいました。でも、アドレス登録もFacebookの連携もしてなかったので、電話番号を打ち込むと、”初めてこの電話番号を使う”と”端末変更の場合”と出てきます。iPhoneは変えておらずアップデートしただけなのすが、なんででしょうか。もう前のアカウントは使えなくなって、
    新規登録するしかないのでしょうか?助けてください。

  2. ゆか
    2014年10月5日(日) 02:14

    先ほど投稿した”ゆか”なんてすが、
    LINEに通知は今まで通り来ていて、iPhone画面の上にちゃんと内容みえています。ですが、見ようとすると先ほど話した通りログインの画面になります。どうか解決策教えてください。

新しいコメントを投稿