情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

JアラートをiPhone・Androidスマホで受け取るための参考情報まとめ(アプリはあるの?など)

Android (386) au (49) docomo (121) iPhone (883) Jアラート (3) SoftBank (50) エリアメール (2) 緊急速報メール (3)

「Jアラートが鳴らなかった」ということが話題になっていますが、そもそも「Jアラートが鳴る」というのが具体的にどういうことなのかの理解が曖昧だったので調べてみました。

「iPhoneやAndroidスマホで使えるJアラートのアプリはないの?」などと気にしている人も多いようだったので、今回は、「iPhoneやAndroidで受け取る」という観点についてまとめてみます。

※2017年5月11日、NHKニュースで「政府は格安スマホの所有者に対して、Jアラートの情報を自動的に受信できる専用アプリの活用を呼びかけることにしています」と紹介され、話題となっています

最新情報(2017年5月29日)

本日発射された弾道ミサイルについて、「日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したのにもかかわらずJアラートが鳴らなかった」「間に合わない」などと話題になっています。

※ただし、そもそも排他的経済水域へのミサイル落下およびその可能性では、Jアラートは鳴らないこととなっています

参考:「Jアラートは排他的経済水域への落下じゃ鳴らないの?」について

Jアラートとは

Jアラートは、その名前から「警報(音)」を指しているイメージがされて、「Jアラートが鳴る」のように言われることが多いのですが、正確には「全国瞬時警報システム」という、「システム」の名前です。

そして総務省消防庁は、そのJアラートシステムの概略を以下のように説明しています。

全国瞬時警報システム(Jアラート)とは

弾道ミサイル情報、津波警報、緊急地震速報など、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を国(内閣官房・気象庁から消防庁を経由)から送信し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、国から住民まで緊急情報を瞬時に伝達するシステム
http://www.fdma.go.jp/html/intro/form/pdf/kokuminhogo_unyou/kokuminhogo_unyou_main/J-ALERT_gaiyou_h28.pdf

よくある間違いですが、Jアラートは、弾道ミサイルが飛んできたことを伝えること専用のシステムではありません。弾道ミサイル情報・津波情報・緊急地震速報などなど、内閣官房と気象庁から国民に速報したい25種類の情報の伝達に利用されるシステムです。

どちらにしても、受け取る方法を確認しておくことは、身の安全を守るために役に立ちます。

Jアラートを受け取る経路

総務省消防庁の同じ資料(pdf)によれば、Jアラートを受け取る経路は、「防災行政無線(屋外スピーカー)」「防災行政無線(戸別受信機)」「ケーブルテレビ・コミュニティFM等」「登録制メール等」「エリアメール・緊急速報メール」などがあります。

Jアラートの公式アプリはない

iPhone・Androidスマホ利用者が知っておきたいのは、「Jアラート」のシステムが提供する公式な受信手段に、「Jアラート公式アプリ」は無いという点です。

エリアメール・緊急速報メール

しかし、iPhone・Androidスマホ向けの受信手段が用意されていないわけではありません。

緊急地震速報などで受け取ったことがある人も多い「エリアメール・緊急速報メール」が、Jアラートのシステムに組み込まれており、このメールの受信が、「Jアラートアプリ」のような存在の代わりとなります

※背景:もともと「Jアラート」自体は、国が発令する情報を速やかに地方自治体へ送信した上で、さらに地方自治体の持つ情報配信システムを自動起動する、という一連のシステムであり、携帯電話会社経由で発動するエリアメール・緊急速報メールの仕組み自体は、もともとのJアラートには含まれていませんでした。しかし2014年4月1日より、Jアラートで配信される情報の配信先として、エリアメール・緊急速報メールが追加され、現在ではJアラートの情報をiPhoneやスマホでも、手軽に受け取れるようになった、というわけです(参考:国民保護に関する情報の緊急速報メール配信を開始しました|総務省消防庁(PDF))

エリアメール(docomo)・緊急速報メール(au・SoftBank)は、主に「ETWS」という特別なシステムで配信され、大量の利用者に、より瞬時に配信できるように設計されています。

iPhoneやAndroidスマホ側は、このETWSを受信する機能(または受取用アプリ)を初めから内蔵した状態で販売されているため、わざわざアプリを取る必要がない訳です。

受け取れる条件(対応機種一覧)

しかし実は、エリアメール・緊急速報メールを、すべてのiPhone・Androidスマホが受信できるわけではないので注意が必要です

これについては、総務省の次のページでもお知らせされています:「総務省|東海総合通信局|あなたの携帯電話は緊急速報メールを受信できますか?

docomo・au・SoftBankから現在発売されている多くのiPhone・Androidスマートフォンでは、エリアメール・緊急速報メールに対応しているようです。また、格安SIMの回線(MVNO)であっても、"対応端末であれば"、受信できる場合があります(ちゃんと確認すること)。ただし、SIMフリースマホなどには非対応端末もあるようで、だんだんと受信機能があるかどうかが怪しくなってきます。

実際のところ、受信可能かどうかは、各端末の発売元に確認することが推奨されています。大手三社の、2017年現在の最新対応機種情報をリンクしておきます。

格安SIM提供元の、情報は、こちらに一部掲載してみますが、大手三社に比べると、情報が少ないようです。

Priori4、RAIJIN、KIWAMI2、KIWAMI、REI は緊急地震速報(ETWS)に対応しています。 引用元

対応機種(※)
honor 8, ZenFone™ 3, BLADE E01, arrows M03, AQUOS mini SH-M03, P9, P9 lite, honor6 Plus, P8 lite, ZenFone2 Laser, ZenFone Selfie, ZenFone2, ZenFone5, AQUOS SH-RM02, arrows RM02, arrows M02, ARROWS M01, Desire626, Liquid Z330, VAIO Phone Biz, Ascend Mate7
MeMO Pad7, ZenPad8.0, ZenPad10
※2016年10月5日現在。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの取扱い端末と通知方法や警報音が異なる場合があります。 引用元

設定方法

また、設定がオフになっていると、Jアラート(エリアメール・緊急速報メール)は受け取れないので注意が必要です。

設定の確認方法を「「緊急地震速報/Jアラート」の受信設定を確認する方法(iPhone・Androidスマホ)」にまとめました。参考にしてください。

電源OFFや機内モードなど受け取れない条件

ETWSは、警報発令から高速で受信できるシステムですが、さすがに通信ができない状態では、受信することができません。例えばスマホの電源がオフ(画面スリープは問題ない)の場合や、圏外・機内モードなどのケースには注意してください。

非対応端末の場合のアプリ

非対応端末の場合にJアラートの情報を受け取りたい、という場合は、以下のアプリが利用可能です(ETWSを直接受信するより少し時間差が発生するはずではあるものの、プッシュ通知が受信可能)。

楽天モバイルの一部の端末では、地震や津波、弾道ミサイルの発射などの緊急事態が発生した際に、国から直接情報を知らせる「全国瞬時警報システム(Jアラート)」への対応が確認できておりません。
プッシュ通知型の防災情報アプリをインストールすることで、緊急情報の受信が可能です。プッシュ通知型の防災情報アプリには、以下がございます。

Yahoo!防災速報(Android版)
Yahoo!防災速報(iOS版) 引用元

※関連記事:Jアラートの情報を格安スマホで受け取るアプリって?について

参考情報

コメント(0)

新しいコメントを投稿