情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Instagram】「このストーリーは利用できなくなりました」エラーの原因と対策について

Instagram (34) Instagram-エラー (4) Instagram-ストーリー (5)

Instagram(インスタグラム)のストーリー機能を使っていると、「このストーリーは利用できなくなりました」というエラーが表示される場合があります。このエラーについて調べたことをメモしておきます。

「このストーリーは利用できなくなりました」エラー

ストーリーを開いて、その写真・動画を閲覧しようとした際に、次のエラーになる場合があります(※自分のストーリー、他人のストーリー、両方のパターンがある模様)

このストーリーは利用できなくなりました

このエラーの意味

このエラーは文字通り、ストーリーの内容が表示できなくなった状況を表しています。

エラーが出る背景

ひとつ付け加えるとすれば、Instagramアプリが、そのストーリーは既に表示できない状態であるのにも関わらず、表示しようとしてしまったという特殊な状況になっていたことを表します。

通常、例えば「削除されたストーリー」はそもそもストーリー一覧に表示されません

それにも関わらず、ストーリー一覧に表示されてしまうような場合に、削除されていることに気が付かず、表示しようとして、「このストーリーは利用できなくなりました」となります。

対策

基本的に、そもそも閲覧できないストーリーが、閲覧できそうに見えてしまったことが原因なので、それを見えるようにはできません。

エラーが出る状況に問題があるので、Instagramアプリを再起動したり、iPhoneの再起動をしておいてください

再現方法

通常、Instagramの通信が不安定であったり、タイミングの問題などで発生する不具合と思われるのですが、強引に次の手順でもエラーを出すことができることを確認しました(手順の途中で余計なことをすると、うまく不具合の状態に持って行けません)。

まずアカウントを2つ用意します(アカウントAとアカウントBとする)。そして事前にアカウントAで、アカウントBのことをフォローしておきます。

アカウントBでストーリーに投稿し、アカウントAから、その投稿を通報します。

すると、アカウントAからその投稿がずっと読み込み中になってしまい、ストーリーを読み込めない(開けない)状況になります。

その状態になったのを確認してから、アカウントBで、そのストーリーを削除します。

そうしたら、アカウントAでホーム画面上部に並んでいる別のユーザーのストーリーを開いた上で、スワイプしてアカウントBのストーリーまで移動します。この手順であると、読み込み中のまま消えなくなってしまったストーリーを強引に閲覧しようとすることができます。すると、「このストーリーは利用できなくなりました」エラーが表示されます。

コメント(0)

新しいコメントを投稿