LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「LINE本社がチェンメの危険性を確かめる為、どこまで回るのか検証中です」に注意(2018年7月29日再び拡散中)

LINE (1404) LINE-スパム (138)

数日前より、「LINE本社がチェンメの危険性を確かめる為」という名目で、メッセージが回されています。「もしよろしければ、このメッセージを20人に回してください。もし、回してくれた場合、LINE本社から1000コインをプレゼントします。ご協力お願いします」と書かれていることから、それを読んで回す人が急増しています。このチェーンメールについて、紹介します。

※2018年7月29日現在、今までのチェーンメールをもとにした「前回の嘘を見たLINE本社が」と書かれたチェーンメールが再び大きく拡散されています。注意してください。過去、2017年3月27日、2017年4月22日、2018年3月26日に大きく流行しました。

チェンメ本文

現在回っているチェーンメール全文は、次の通りです。

naver-line-chain-mail-examination

回って来た!
止めないでね!
今、LINE本社がチェンメの危険性を確かめる為、どこまで回るのか検証中です。もしよろしければ、このメッセージを20人に回してください。もし、回してくれた場合、LINE本社から1000コインをプレゼントします。ご協力お願いします。

LINEの実験?

この文章には、LINE本社の実験のような説明文が書かれています。

しかし、LINE本社はこんなことはしませんし、ましてや、回した人に1000コインもプレゼントすることは考えられません。

つまり、これは本当の単なるチェーンメールです。

回してしまった人は

分かる人は、こんなメッセージを回してくる人のことを、迷惑な人だと思うでしょうし、1000コイン欲しさに、周りの人に迷惑を与えることもいとわないような、友達を売り渡しているような人に映ることもあるでしょう。

とりあえず、この類のメッセージは次回以降、回さないように気をつけてください。

追記:「イッテQの企画で」

2017年3月26日現在、次のチェーンメールが拡散されています。

このメールは、世界の果てまでイッテQの企画で「チェーンメールを回したらどのくらい広がるか」というのをやっています。なので、このメールを見た人は協力してください。

このメールを見てから一時間以内に、20人の人に回してください。

4月2日の放送の時に結果をお知らせしたいと思います。

見た人は必ず回してください!!

追記:「前回の嘘を見たLINE本社が」

過去に何度も流行している「LINE本社がチェンメの危険性を確かめる為、どこまで回るのか検証中です」のチェーンメールをもとに、「今度こそ本物」という内容を付け加えた、次のチェーンメールが拡散されています。しかしこちらもただ文面が変わっただけで、LINE運営がこのようなキャンペーンを行っているわけではありません。ここまでで紹介した内容をよく確認して、友だちに広めてしまわないように注意してください。

今、LINE本社がチェンメの危険性を確かめる為、どこまで回るのか検証中です。前回の嘘を見たLINE本社が、新しく作りました。もしよければ、このメッセージを20人に回してください。もし、回してくれた場合、LINE本社から1000コイン、お好きなスタンプ3個、お好きな着せ替え1個をプレゼントします!ご協力お願いします。

☆☆☆ LINEのデマ・障害情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(0)

新しいコメントを投稿