LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「LINEの桜はいつまで降る?」「何日まで?」について(2020年3月19日更新)

LINE (1493) LINE-キャンペーン (50) LINE-桜 (11)

本日2020年3月19日午前10時頃から、LINEのトーク画面に桜の花びらが舞うようになっています。これについて、「いつまで降るの?」「何日まで?」という疑問が多いようなので、情報を紹介しておきます。

LINE桜キャンペーン

LINEのトーク画面背景に桜が降るキャンペーンは、本日2020年3月19日10時頃より開始されました。

これを受けて、「いつまで?」「終了予定は?」などの疑問を持つ人が増えています。

終了日時について公式発表はない

しかし、この「終了のタイミング」について、運営は明確な発表をしていません。

これは、昨年以前の桜が降るキャンペーンや、雪が降るキャンペーンでも同様で、終了して初めて、「あぁ、降らなくなった・終わった」と 分かるものです。

以前の実績から考えると

しかし、過去の桜が降ったケースでは、以下の期間、桜が降っていました。

  • 2015年:4月1日0:00~4月1日23:59
  • 2016年:4月1日9:00~4月1日23:59
  • 2017年:4月1日10:00~4月1日23:59(+遅れ)
  • 2018年:4月1日10:00~4月1日23:59
  • 2019年:4月1日11:40~4月2日18:00(あまりはっきりしない)

ここから分かる通り、今まではすべて4月1日から桜の花びらが降っていたため、今年3月19日から降り始めてしまった影響で、今まで以上に終了日が分かりにくい状態・予想できない状態となってしまっています。

4月1日まで継続?

このような、例年より早く突然背景エフェクトが開始されるパターンは、以前、東京で11月に初雪が降った際に雪が降る背景エフェクトとして実施さえたことがあります(当時の情報はこちら)。

その際は、本当に東京に振る初雪に合わせる形で開始・終了されていましたが、今回3月19日の状況は当時と比べるとそこまで特別な桜らしい日というわけでもなく、LINE運営の公式アカウントも、これから来る春を呼び込むようなツイートをしており、明日も引き続き状況は変わらないような扱いをしているため、一時的なものとしてではなく、4月1日という今まで降っていた日付まで継続するのではないか、と現時点では予想できそうです。

というのも、以前花火のエフェクトが前年より早く開始された際も、早く開始された分早く終わるというわけではなく、長期間継続され、前年有効化された日付も含む形であり、今年も数日続くようであれば、そのまま4月1日も降り、従来の終了日である4月2日に変わった瞬間や4月2日中に終了する、といったパターンがひとつ有力なのではないかと予想されます。

ただし、本日限定で終了するという東京の初雪に合わせたときに近い扱いをされる可能性もあるため、まずひとつの区切りは今晩、翌日以降続くようであれば4月になるまで続き、4月1日いっぱいもしくは4月2日中の終了が可能性としては高そう、と考えておくとよさそうです。

関連記事

コメント(0)

新しいコメントを投稿