LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

【LINE 桜】トーク背景に桜の花びらが舞う期間限定機能が今年2019年4月1日にも有効に

LINE (1481) LINE-キャンペーン (48) LINE-桜 (10)

本日2019年4月1日11時40分ごろより、LINEのトーク画面に桜の花びらが舞う変更が行われ、「新元号の令和が発表されたからかな?」などの声や、「自分だけ桜が出ない」のような声が増えています。

今回有効となったこのトーク背景について紹介します。

トーク背景に桜が表示されるように変更が実施

本日2019年4月1日11時40分頃より、LINEのトーク画面に桜の花びらが降り始めた、というユーザーの増加が始まりました。

LINEのトーク画面を開くと次のように、右上から桜の花びらがふわりと舞い降りてきます。

2015年から毎年実施

この桜が降る変更は、2015年から毎年実施されており、今年で5年目です。

例年、4月1日から開始されますが、その開始時刻は深夜0時のときもあれば、9時であったり10時であったりと、はっきりとは固定されておらず、今年は11時台から開始され、過去最も遅い開始となりました。

ここ3年間は10時開始だったため、今回は新元号「令和」が発表されたタイミングに合わせてこの機能を有効にしたのかもしれません。

いつまで降るの?

例年通りであれば、4月1日の23時59分まで桜が降り、4月2日になると多少の遅れが発生する場合はあるものの、基本的にはトーク画面を開きなおすなどすることで、ぱたりと桜が舞わなくなる、という終わり方をします。

追記:4月2日に入っても継続中

4月2日になりましたが、午前0時50分現在も引き続きLINEには桜の花びらが舞っています。

今回は開始時刻が遅かったこともあり、4月1日23時59分終了という例年のパターンとは異なるのかもしれません。

終了時刻は今年も発表されていないため、従来の終了時刻を越えてしまった以上、いつ頃終了するかは不明です。

しかしながら、LINE公式Twitterアカウントは19時37分時点で「あと少しの期間限定」とツイートしていたため、4月2日の早い段階には終了し、4月3日に及ぶ可能性は低いかと思われます。

追記:終了へ

本日4月2日18時頃以降、少しずつ「桜が降らなくなった」というユーザーが増え始めており、桜の降る期間限定機能の終了が開始された模様です。

その後も降り続けているユーザーがいる一方で、LINEアプリを操作しているうちに消えてしまった、というユーザーが増えており、反映タイミング(終了判定タイミング)が同一ではなく、利用者の状況や操作に応じてばらつきがあるようです。

桜の花びらが降らない場合は?

桜の花びらが降るようになるのには、少し反映に時間がかかる場合があるようなので、桜の花びらが舞い始めるまでしばらく待つようにしてみてください。

その際、LINEアプリもしくはiPhone/Androidスマートフォンの再起動や、LINEアプリを最新版にアップデートする、トークを開いたり閉じたりしてみる、着せ替えを基本に戻す、などを試してみてください。特に着せ替えによってうまく降らない問題が発生する可能性があるため、着せ替えを使っていて降らない場合は、一度着せ替えを初期設定に戻して様子を見てみてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿