LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

LINEの送信取消機能リリースも「取り消した通知が残るなら意味がない」の声

LINE (1378) LINE-Android (174) LINE-iPhone (379) LINE-送信取消 (5)

本日2017年12月13日、LINEのメッセージ送信を取り消せる機能「送信取消」が利用できるようになりました。

この機能を歓迎する声が多い一方で、早速試してみた利用者からは、「『取り消しました』が残るなら意味がない」「取り消したことが表示・通知されてしまうから使えない」などの声が多数あがっています。この問題について。

「メッセージの送信を取り消しました」が残る

LINEの送信取消機能を使っても、実は次の画像のように、「メッセージの送信を取り消しました」という通知メッセージが残ってしまいます。

そのため、バレずに消すことができません

このことで、「意味がない」と言われてしまっています。

今回の「取消」機能の捉え方

今回の取消機能は確かに履歴に残ってしまうため、バレる前に消すという、いわゆる「見られたら困る誤爆」の完全な防止にはなりません。

しかしその一方で、まず「すみません、間違えて送ってしまいました!」などのやりとりを避けることができます

また、相手に見られていなければ(見られる前に消せば)、消したことがバレてしまったとしても、何を消したかは見られずに済むため、誤爆の「軽減」にはなります。これは実は、消したことが残らない仕様であったとしても発生する問題なので、結局違いは「『消した』という事実が残るかどうか」であり、そこまで今回「誤爆対策として役に立たない」ということはないかと思います。

通知を残さないように消す方法もあるの?

実は、メッセージを送信してから、相手に通知すら届くことなく消すことができれば、相手のトーク画面には「○○がメッセージの送信を取り消しました」という表示すら残りません。

ただし、これは相手が圏外だった場合など、通知すら受信できない特別な状況でしか利用できない方法であるため、実質、通知を残さないで取り消すことはできない、と覚えておいた方が良いかと思います。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿