LINEの仕組み from did2memo.net

LINEの仕組みや使い方などについて詳しく解説します

「LINE 8.5.1にアップデートしてもLINEが開けない・開けなくなった・パスコードが入力できない・反応しない」不具合発生中(2018年4月19日発生中)

LINE (1436) LINE 8.5.0 (iPhone) (5) LINE 8.5.1 (iPhone) (3) LINE-iPhone (402)

昨日公開された、LINEバージョン5.8.0へのアップデート後に「LINEが開けない」「落ちる」「真っ暗な画面で固まる」「パスコードが打てない」といった不具合が発生し、LINEを使えなくなるユーザーが多発しました。

本日の午前中にその修正版「LINE 8.5.1」がリリースされたのですが、LINE 8.5.1へのリリースによって不具合が直り、LINEが使えるようになったユーザーが多数いる一方で、一部のユーザーはLINE 8.5.1アップデートしても「LINEが開けない」「パスコードを入力できない」状態が続いている模様です。

また、本日LINE 8.5.1にアップデートしてはじめて、起動できない不具合が発生したというユーザーもいるようです。

そのため、まだアップデートしていない場合はもうしばらく次回の修正を待ち、既にアップデートしてしまった場合については、本記事で案内している対策手順などを参考に対応してみてください。

「LINE 8.5.1 アップデート」で不具合解消へ

本日の朝、LINE 8.5.1 アップデートが配信開始されました。

一部の端末でLINEが起動できなくなっていた不具合を修正

アップデート内容には、昨日のLINE 8.5.0アップデートより発生している「LINEが開けない不具合」の対策が含まれています:

実際にこのアップデートを行ったことで「不具合が直った」との声が多数あがっています:

「LINE 8.5.1にアップデートしても不具合が直らない」ケースも

しかしその一方で現在、アップデートしたのの直らないユーザーも発生している模様です。

こちらについて、LINE運営も以下の通りアナウンスを行っています:

※【注意】現在、「アップデートしたのに直らない」というユーザーの中に、「実は8.5.1にアップデートできていなかった」というケースが発生しています(8.5.1に見えてしまい勘違いしやすい問題がある)。そのため、本当に「8.5.1」になっているか、次のAppStoreではなく設定アプリから確認する方法で、バージョン番号をチェックしてみてください:「【iPhone版LINE】現在の正しい「バージョン番号」を確認する方法(LINEが開けない場合用)。そしてこちらのAppStoreを最新状態にする手順を参考に、再度修正版(LINE 8.5.1)へのアップデートを試してみるようにしてください。

「LINE 8.5.1にアップデートしたら不具合が発生した」ケースも

さらには本日アップデートした直後に「起動できなくなった」「すぐ落ちるようになった」「黒い画面が表示されて固まる」など、新たに不具合が発生してしまうユーザーも発生しています。

※こちらのケースについても、AppStoreの画面ではなく、iPhoneの設定アプリから「LINEが8.5.1にバージョンアップできているか」を確認することをおすすめします。

対策:LINE 8.5.1やLINE 8.5.0へのアップデート「前」の場合

以上の状況のため、まだアップデートしていない場合はひとまずLINE 8.5.1へもアップデートせず、しばらく様子を見ることをおすすめします。

※自動アップデートの停止方法はこちら:iPhone版LINEが自動アップデートしないように設定する方法

対策:LINE 8.5.「0」へのアップデート「後」でまだLINE 8.5.「1」にはアップデートしていない場合

LINE 8.5.「0」にアップデートしているものの、まだLINE 8.5.「1」にはアップデートしていないというユーザーで、LINEが開けない不具合に遭遇している場合は、「LINE 8.5.1へのアップデートで直った」というユーザーが多くLINE運営もその通りアナウンスしているため、LINE 8.5.1までのアップデートを試してみてください(※前述の通り解消されない場合もありますが、使えない状態から使えない状態になる、という意味では特に変化ありません)

ただし、LINE 8.5.「0」へのアップデート後で、特に「LINEが開けない」不具合が発生していない場合については、前項と同様に、LINE 8.5.1へのアップデートはせず、様子を見ることをおすすめします。

対策:LINE 8.5.「1」へのアップデート「後」の場合

一方、既にLINE 8.5.「1」へアップデートしてした状態でLINEが開けない、という場合についてです。

繰り返しになりますが、まず最初に、本当にLINE8.5.1へのアップデートが完了しているかどうかを確認してください。というのも、AppStoreのバージョン番号表示があてにならず、「実はLINE8.5.0のままだった」という場合があるからです。

AppStoreを使わずに現在のバージョン番号を確認する方法はこちらです:【iPhone版LINE】現在の正しい「バージョン番号」を確認する方法(LINEが開けない場合用)

もし確認してLINE 8.5.「0」だった場合は、「AppStoreのデータを最新状態にしてから(アップデートボタンを表示させてから)改めてアプリのアップデートを行う」方法で再度改めてLINE 8.5.「1」へのアップデートを試してみてください。

確認して確かにLINE 8.5.「1」だった場合で、なおかつ症状が「LINEのロック画面で「パスコードが打てない」不具合」の場合には、そのパスコード画面を表示したまましばらく待ってみてください。しばらく待つことでパスコードを入力して開けるようになる場合があります。

また、LINE 8.5.「1」で「落ちてしまう・固まってしまう・真っ黒画面になる」、という場合には、昨日発生した不具合の説明ページの対策集を参考にしてみてください:「LINEをアップデートしたら開けなくなった・起動しない・真っ暗の画面から進まない」問題発生中

修正アップデート待ちについて

「引き続き調査を続けております」とのことで、修正アップデートが近くリリースされるものと思われます。

実際にさらなる修正アップデート(LINE 8.5.2など)が行われた際には、こちらのTwitterアカウントにて、通知ツイートを行う予定です。

追記:LINE 8.5.2 アップデートの配信開始

2018年4月26日、LINE 8.5.2 へのアップデートが利用できるようになりました:

LINE運営への問い合わせ方法

LINEアプリが起動できない状態でLINE運営に問い合わせる方法については、次のページで紹介している「問い合わせフォーム」がおすすめです。

関連

☆☆☆ LINEの不具合・バグ情報配信アカウントをフォロー ☆☆☆

コメント(1)

  1. 黒川親也
    2018年6月2日(土) 19:14

    メール、パスワード、忘れて、開かない。
    新規しても、入らない。SNSこない。

新しいコメントを投稿