情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

大阪震度6地震で「大阪ガスが利用できない」「復旧手順はこちら」についての注意

地震 (74) 大阪 (7)

本日2018年6月18日7時58分頃に発生した最大震度6弱の地震の影響で9時20分現在、「ガスが出ない」との声が増えています。

多くのケースで、建物側にあるメーター(マイコンメーター)が地震を感知して自動でガスを遮断した影響かと思われるのですが、現在、大阪ガスのホームページが繋がりにくい問題が発生している影響で、ガスメーターの復帰手順を紹介するツイート、例えば「この方法で復旧できる」「東京ガスのホームページから画像をとってきました」のようなツイートが増えています。

しかし、ガス会社の案内などを読むと、復帰手順だけでなく、利用する前に、ガス器具に故障がないかなどの手順を合わせて案内しており、単に復帰手順通りにメーターのボタンを操作すれば良いというものではない、ということが分かります。

このあたりについて、紹介します。

メーターの復帰手順

大阪ガスのホームページにある、メーターの復帰手順は次のサイトで紹介されています:

  • 「ガスが使えない場合は/大阪ガス」(あえてリンクは切っています)

大阪ガスのホームページに繋がりにくい状態に

しかし現在、大阪ガスのトップページに繋がりにくい問題が発生している影響で、ガスメーターの復帰手順についての画像がTwitterなどで共有されており、それを参考に復旧させる利用者も増えているようです。

ガスの利用前にガス器具等の確認を

ただし、このガスメーターの復帰手順は、地震が発生した際の対応手順の「一部」となっており、ガス栓を開いたり、マイコンメーターの復帰を行う前にガス臭くないかを確認したり、ガス器具を利用する前に、「吸気設備・排気設備(排気筒など)」の確認や、「ガス器具本体の変形・破損」がないかの確認、そして「ガス接続具(ガスコードやゴム管など)」の接続確認などが案内されています

次のページでその注意事項全体を確認した上で、メーターの復帰操作や、ガス器具の利用の再開を行うようにしてください:

※スクリーンショットのみで判断されてしまわないよう、画像では一部のみをスクリーンショットしたので、その全体はリンク先で確認するようにしてください。また、内容が変更されたり、今回の地震のみを対象とした情報が今後掲載される可能性もあります。

業者を呼ぶように促す声も

ガスに関する仕事をしていると思われるTwitterユーザーからは、ガス会社やガス屋さんに連絡してから復帰操作することをすすめている声もあります(一方で、人手不足となるため、被害が大きいエリアでなければ各自復旧することをすすめる声もあります。実際、先ほど紹介したページにおいても、暗黙のうちに各自復旧する手順を案内しており、それが基本なのかと思われます)。

単に復帰操作を行うだけでなく、これらの情報も合わせて、どう対応するか検討してください。少なくとも、ガス器具の点検など、各種点検作業は行ってから利用を再開するようにしてみてください。

追記:供給停止が発表

大阪ガスより、地震の影響で一部地域に対して都市ガスの供給を停止していることが発表がされました。

具体的には、「茨木市」「高槻市」「摂津市」「吹田市」それぞれの一部、合計およそ11万戸への供給が停止されているとのことです(20時21分確認)。大阪ガスからの発表はこちらのリンク先を確認してください:

また、ガスの供給が停止されている地域の詳細は、以下のリンク先で案内している方法を使うことで、地図付きで確認することができます:

参考・関連

コメント(2)

  1. 後藤 正季
    2018年6月18日(月) 14:13

    地震後、ガスが出ません。
    復帰法方法を教えてください。

  2. 花原 靖宏
    2018年6月20日(水) 09:13

    ガス元栓の復旧方法を教えてください

新しいコメントを投稿