情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

Googleマップに「このページではGoogleマップが正しく読み込まれませんでした」「For development purposes only」が表示される原因について(API Key必須化)

Google (102) Google Map (5)

Google Map(グーグルマップ)を埋め込みなどで利用しているサービスにて、そのGoogle Mapが濃いグレーで表示されて「For development purposes only」と表示されたり、ポップアップで「このページではGoogleマップが正しく読み込まれませんでした。This page can't load Google Maps correctly.」と表示される等の問題に遭遇するユーザーが発生しています。

この問題について。

「For development purposes only」

ウェブサイト・ウェブサービスに埋め込み表示されたGoogle Mapに次の英語が重なって表示されて、正しく表示されない現象が一部のサービスで発生しています:

For development purposes only

「This page can't load Google Maps correctly.」

また、地図上にポップアップで次のエラーが表示される場合もあります:

Google

This page can't load Google Maps correctly.

Do you own this website?

[OK]

またこのとき、コンソールには「maps.google.com/maps-api-v3/api/js/33/8/util.js:226 Google Maps JavaScript API warning: NoApiKeys https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/error-messages#no-api-keys」が表示されていました。

※日本語で表示される場合は「このページではGoogleマップが正しく読み込まれませんでした」となります。

原因

Googleマップがこのエラー表示になってしまうのは、そのウェブサイトの運営者/開発者が、Googleマップを埋め込む際に、古い方法を使っている(新しい方法を使っていない)ことが原因です。

具体的には、Google Maps APIを利用する際にAPI Keyの利用が必須化され、それからしばらく移行期間があり、6月11日がその期限だったのですが、その後延期となり、7月16日が新しい期限となっていました。その期限も過ぎ、いよいよ「For development purposes only」表示が出るようになってしまった状態です。

現在、その「API Keyなし」の状態のウェブサイトの一部で、「For development purposes only」表示が開始されています(今のところ、すべてではない模様)。

対策について

この「For development purposes only」が表示されて地図がグレーになって見にくい、という状態は、サービスの提供者・運営者側での対策が必要となります

そのため、閲覧者としては、修正されることを待つほかありません(加えて、運営者に連絡して修正を依頼してみるなど)。

For development purposes onlyが邪魔でも無視すれば利用可能

ただ、この「This page can't load Google Maps correctly.」のポップアップを「OK」で閉じてしまえば、確かに「For development purposes only」は邪魔で、グレーである分見にくいのですが、拡大縮小や移動など、地図自体の閲覧は行うことができます。

利用中のサービスの性質などにもよりますが、この「強引に使う」という方法も利用しつつ、別サービスを探したり、修正を待つなどの対応をしてみてください。

コメント(0)

新しいコメントを投稿