情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iPhone XS】「iPhone X用のケースやカバーは使える?」とサイズ比較・注意点について

iPhone (1377) iPhone X (116) iPhone XR (10) iPhone XS (24) iPhone XS Max (22) iPhone-ケース (2)

2018年9月21日より、新型iPhone「iPhone XS」「iPhone XS Max」が発売となります(※「iPhone Xs」と、「S」が小文字で表記される場合もあります)

iPhoneの購入と同時にケースやフィルムを同時購入・事前購入しようと考えているユーザーの場合、「今まで使っていたケースは使えるの?」「iPhone X向けのケースでも使えるの?」といったことを気にするユーザーも多いようです。

これに関連する話題を紹介します。

過去のiPhone向けケースは新型iPhoneでも使えるのか

来週末に発売される新型iPhone「iPhone XS」「iPhone XS Max」のうち、「iPhone XS Max」は、過去最大のサイズとなるiPhoneであり、よほど特殊なケースでもない限り、過去のどのiPhone向けのケースも利用できない見込みです。

過去最も大きかったのは「iPhone 8 Plus」や「iPhone 7 Plus」「iPhone 6 Plus」などの「Plus」シリーズでしたが「Max」はさらに大きいため、利用できません。

iPhone XS と iPhone X は同じサイズ

一方「iPhone XS」については、過去のiPhone向けのケースが使える可能性があります。

その過去のiPhoneとは、昨年発売の「iPhone X」です(※逆に言えば、その他のiPhone、つまりiPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s、iPhone SE、iPhone 5s、iPhone 5などは本体サイズが大きく異なるため、それら向けのケースを利用することはできません)

iPhone XS と iPhone X を画像で比較しても違いがほとんど分からないほどそっくりで、実際詳細な寸法(高さ・幅・厚さ)も一致していることから、特殊なケースでない限り、「サイズ」という意味ではiPhone X向けのケースがiPhone XSでも利用できるものと予想されます。

iPhone XS / iPhone X 両対応するケースの例

本体下部に細かい違いあり

サイズからは分からない細かい違いとしては、本体下部のスピーカー・アンテナ部分の処理の違いがあります。

「iPhone X」では、本体下部の左側も右側も同じように6つずつ穴が空いていることが確認できます:

しかし「iPhone XS」では、左側のみその穴が3つに省略され、穴がなくなった部分にプラスチックパーツが埋め込まれています(アンテナの電波を通過させるために、全面金属ではなく、一部プラスチックに置き換えている)。

この違いがケースに与える影響はそこまで大きくないものと思われますが、この穴を使って固定するケースなどには特に注意してください。

カメラ位置の微妙な違いに注意

また、実はiPhone XとiPhone XSとでは、「カメラの位置(カメラのレンズがある出っ張った部分の配置)」がほんのわずかに異なります。ほんの少しだけ、下に下がっています。

そのため、カメラ位置に余裕があるケースであれば問題ありませんが、カメラ位置をぴっちり囲んでいるようなケースの場合は、問題になる可能性があります。

また余裕がある場合も、「あれ?ちょっと下の方に来てる?」と違和感が発生する可能性があります。

このあたりにも注意してください。

「iPhone XS 対応」

このように「iPhone XS」と「iPhone X」を比較することは可能なのですが、本当に「iPhone X用」としか書かれていない場合は、「iPhone XS」でのテストが行われていないことを意味します。

そのため、実際に使ってみるまで、本当にiPhone XのケースがiPhone XSで使えるかは分かりません。また、ケースの作りが悪かったなど向こう側の問題を含め、「ケースが入らない」「フィルムがはみ出る」などの問題が発生したとしても、補償の対象外・サポートの対象外として、とりあってもらえないと可能性があります。

そのため、「iPhone XS対応」と明記されているケースやカバーを利用することをおすすめします。そのため、よほどお気に入りのケースがiPhone X向けにしか発売されていなかったり、iPhone X向けのケースを既に持っている場合などでなければiPhone XS向けのケースを素直に購入することを強くお勧めしますし、実際iPhone X向けケースをiPhone XSに装着するとしても、必ず自己責任で装着・利用するようにしてください。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿