情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【iOS12】勝手に「ソフトウェアアップデート」されないように自動アップデートを無効化する設定方法

iOS (272) iOS 12 (47) iPhone (1385)

本日2018年9月18日、「iOS12」の配信が開始され、次々iOS12を試そうとするユーザーがアップデートを完了させています。

しかしアップデート直後のiOSは不具合が多かったり、新しいデザインが好みでなかったり等の理由から、古いiOSのままアップデートせずに使い続けるユーザーも少なくありません。

しかしiOSには、自動アップデートを停止するための設定が今まで用意されておらず、何度も「アップデートしませんか?」と毎日聞かれ続けることが定番でした。

ところが今回「iOS12」より、自動アップデートを有効化/無効化できる設定項目が新設されました

そこで今回はその設定方法を紹介します。

iOSの「自動アップデート」設定を無効にする方法

まず最初に「設定」アプリを開いて、「一般>ソフトウェア・アップデート」を開きます

すると「iOS12」より、この画面に設定項目が追加されています。その新しく追加された「自動アップデート」をタップします:

すると「自動アップデート」という設定項目が表示されるので、ここを「オフ」に変更します(※初期設定は、iOS12へのアップデート直後に表示される初期設定でどちらを選択したかによります):

ダウンロード終了後、ソフトウェア・アップデートが夜間に自動的に実行されます。アップデートがインストールされる前に通知が送られます。アップデートを完了するには、iPhoneは充電器およびWi-Fiに接続されていなければなりません。

これで設定完了です。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿