情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

三井住友銀行のトップページが「指定されたURLは存在しませんでした」エラーになる原因について

三井住友銀行 (3) 銀行 (11)

2018年10月14日20時45分現在、三井住友銀行のトップページを開こうと「https://www.smbc.co.jp/」にアクセスしたところ、「指定されたURLは存在しませんでした」となってしまいました。

この問題について。

三井住友銀行のトップページがエラーになる

https://www.smbc.co.jp/」にアクセスしたところ、次の通り「指定されたURLは存在しませんでした」という404 NOT FOUNDエラーページが表示されてしまいました:

「http」へ直接アクセスすれば問題なく表示可能

しかしよく確認してみると、Google検索などを行って表示される「三井住友銀行」のトップページのURLは、「https」ではなく「http」で始まるURLでした。

そこで「http://www.smbc.co.jp/」を開いたところ、トップページが表示されました。

他の銀行の場合

例えば「みずほ銀行」は、「https(https://www.mizuhobank.co.jp/)」でトップページが提供されていました。そのため、問題なく「https」で始まるURLにアクセスできます。

一方「三菱UFJダイレクト」は、「https://www.bk.mufg.jp」でアクセスすると、自動的に「http://www.bk.mufg.jp」へ転送(301リダイレクト)されました。「https」でトップページを提供していないものの、アクセスできない状態にはしていない、という状態のようです。

そんな中、三井住友銀行の場合は今回のように、httpsでアクセスされた際の自動転送もなく、エラー画面が表示されてしまう状態のようです。

コメント(0)

新しいコメントを投稿