情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

【Twitter】突然届いた「謎の通知」の正体と原因について

Twitter (307) Twitter-通知 (6)

本日2018年10月17日午前1時30分頃より突然、英数字のみの「謎の通知」が届くユーザーが急増しました

その後、この謎の通知の内容の意味と、どのような不具合だったか、原因などについて断片的ではありますが情報が公開されたので、そちらについて紹介・解説します。

「謎の通知」

今回届いたのは、次のような通知です:

このツイートTwitter社のCEOであるJack Dorseyからのツイートで、彼もこの「謎の通知が届いた」としています。

詳細:【Twitter】意味不明な英数字の「謎の通知」が突然届く不具合発生中(2018年10月17日深夜1時30分頃発生)

通知の正体

この通知の内容について「位置情報なのではないか」「個人情報かもしれない」「パスワードの情報が入っているかもしれない」など、いろいろな推測がユーザーの間ではされていましたが、その後Jack Doerseyが次の通り、その背景についてツイート(英語)しました:

このツイートの内容から、「謎の通知」の正体が、iPhone版Twitterアプリの通知数バッジの数を更新するためにTwitter社から送信されていた「本来表示されないはずの通知」であることがわかります。

通知に含まれていた英数字それぞれに関する詳細はこれだけでははっきりしませんが、もう少し具体的にイメージしたい人向けに、例えば、の話をすると、「(謎の英数字):(数)」という通知でしたが、例えば「謎の英数字」部分は「バッジを更新する為の非表示通知を識別するためのID」で、後半の「数」の部分は、「バッジとして表示したい数」だったと考えることができます(ただし「0」で届くケースが多かったため、「0」には何か特別な意味があったのかもしれません)。

原因について

そして今回、その通常表示されないはずの通知が、画面上に表示されてしまった結果、もともとプログラムが読み取るだけで人間が読み取れるようになっているものではなく、あのような「謎の通知」になってしまったようです。

また、「We don't know exactly why,」と記述されていることから、「ではなぜ表示されてしまったのか」という部分の原因の詳細はまだ分かっていないとしつつも、「quickly reverted」なので、何らかの(サーバー側の)アップデートをしたのだけれどそれをすぐ元に戻して現象は再発しない見込みで、調査を続ける、といった状況であると思われます。

今後

今後また追加情報が提供されるかは分かりませんが、もし追加情報があれば追記しようと思います。

関連

コメント(0)

新しいコメントを投稿