情報科学屋さんを目指す人のメモ

方法・手順・解説を書き残すブログ。私と同じことを繰り返さずに済むように。

PayPayの決済上限が2万円までって本当?の誤解と2万円より高いものを購入する方法について

PayPay (38)

2019年1月8日より、昨年末行われた20%還元キャンペーンによるキャッシュバック付与(PayPay残高付与)が開始されました。しかしその一方で、「PayPayの1日のクレジットカード決済額上限に1日2万円までという上限がついた」ということが話題となっています。

こちらに関して、「使い物にならない」「2万円は少なすぎる」などの声が上がっているのですが、どうやらその中にはこの2万円制限に関して誤解しているケースが含まれているようです。

そこで今回はこの2万円の制限の意味合いと、2万円以上の商品をPayPayで購入する方法について紹介します。

PayPayに上限金額「2万円」が設定追加

本日PayPayでのクレジットカード決済について、24時間あたり2万円まで、という上限が設けられたことが発表されました。

本日、不正利用防止の対策を強化するため、以下の通り、新たにクレジットカードでのご利用上限を追加設定いたします。
————————————–
・クレジットカードでの決済金額上限:2万円(過去24時間)
※複数のクレジットカードを登録されている場合、合計2万円までとなります

・Yahoo! JAPANカードからのチャージ金額上限:2万円(過去24時間)
————————————–

引用元

こちらについて、2万円は少なすぎる、電化製品を買えない、などの声が上がっています。

あくまでクレジットカード決済だけ

しかしこの制限については、大きな誤解をしているケースも少なくないようです。

というのも、今回2万円制限が付けられるのはクレジットカード決済のみです。クレジットカード決済とは、PayPayに登録したクレジットカードから支払う方法です。

2万円より高いものも購入可能

したがって、銀行口座からチャージしてから支払う分には、この2万円制限を受けることなく支払うことができるため、2万円以上の商品や、5万円以上の商品(クレジットカードの制限には2万円上限以外にも、30日間5万円制限がある)を購入することが可能です。

この銀行口座の登録が面倒だから不便になったということであれば納得ですが、2万円制限があったからといって2万円より高い物が買えなくなったと言ったことではないため、そこのところは誤解しないように注意してください。

銀行口座からのチャージ方法

銀行口座からのチャージを行う方法はこちらを参考にしてみてください→「【PayPay(ペイペイ)】銀行口座を登録してチャージする手順

クレジットカード支払いと還元残高との合算はできないので注意

なお、例えば5万円の商品を購入したいとき、20%還元のおかげで4万円分の残高があり、残りを1万円クレジットカードから出せばちょうど5万円になる、と思っても、そのようなPayPay残高(20%還元ボーナス含む)と、クレジットカードからの支払いとを合算して一度の支払いにすることはできません

PayPay残高で不足すれば、次はYahoo!ウォレット残高からの支払いとなり、それが足りないのであれば自動的にクレジットカードでの支払いに切り替わり、クレジットカードで5万円を支払おうとしてしまい、2万円制限に引っ掛かって失敗してしまうものと思われます。

したがって、ポイントの不足分をクレジットカードで補うだけだから2万円制限は関係ないと思っていたりすると、支払いがエラーになってしまったり、ポイントを全く使わずに全てクレジットカードで支払ってしまうなどの問題が発生する可能性があります。

この点には特に注意してください。

詳細はこちら:PayPay(ペイペイ)「チャージ残高が使われなかった/勝手にクレジットカード支払いになっていた」の原因と注意点

コメント(0)

新しいコメントを投稿